日本では昔から奇数が吉数であると崇められてきました。その「最高の数字」が9とされ、9月9日の「菊の節句」は、最も縁起のいい数字が重なった日でもあります。無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、その日に行われる上賀茂神社の行事「烏相撲」が紹介されています。

9月9日「菊の節句」

日本では昔から数字にまつわる行事や祭りが沢山あります。日本独自のものもあれば、中国から伝わったものもあります。例えば15という数字は月が新月から満月にかかる日数なので完全を表すと考えられてきました。日本人は8が末広がりで縁起がいい数字とされています。でも実は偶数よりも奇数の方が吉数として崇められてきました。七五三などが奇数なのも奇数は吉数だとされたことの由来です。特に奇数の最高の数9は極めて大切にされ、9が重なる9月9日は「菊の節句」、重陽(ちょうよう)となります。朝廷のことはご存じのとおり九重といいます。これもまた吉数の最高の数字が重なることを意味しています。一般的には9は苦などと言われることがありますが、それはただの語呂合わせのようなもの。我々はこうした多くの意味のある数字に以外と守られているのです。

重陽

重陽は明治維新後に太陰暦から太陽暦へと暦を変更したことで最も存在感が薄くなってしまった節句です。毎年9月9日のことをいい、旧暦では菊が咲く季節であることから「菊の節句」とも呼ばれます。この日に菊の花びらを酒に浸した菊酒を飲んで長寿を祈りました。

陰陽思想で「重陽」とは、「陽」つまり「奇数」が重なることを意味します。陰陽思想とは、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事柄をさまざまな観点から陰と陽の二つのカテゴリーに分類する思想です。

江戸時代から重要な年中行事として五節句の日が祝日として制定されていました。1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日がそれにあたります。今でも、3月は桃の節句、5月は菖蒲の節句、7月は七夕(笹)の節句などと呼ばれています。ちなみに1月は七草の節句、9月は菊の節句となります。

五節句の中でも陽が一番極まった奇数の9が重なる9月9日の節句のみ重陽とされ今日に至っています。朝廷(天皇家)の別名を九重と呼ぶのはこのためです。最高に縁起のいい数字が重なったとても貴重な存在ということです。

さて、この重陽の日に行われる有名な行事があります。上賀茂神社の烏相撲です。烏相撲は平安時代に始まる、氏子児童による相撲です。上賀茂神社の祭神の祖父・「賀茂建角身命」が神武天皇東征の時、巨大な八咫烏(やたがらす)となって先導を務めたことに由来します。また悪霊退治の信仰行事として相撲が結びついて烏相撲が行われるようになりました。烏相撲の神事は本殿で祭典があった後境内で刀祢(とね)と呼ばれる役が「カーカーカー」「コーコー」とカラスの鳴き真似をします。その後小学生10数名が相撲をとるというユーモラスな神事です。

上賀茂神社

上賀茂神社は、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)を御祭神とする京都最古の神社で世界文化遺産です。御神祭の賀茂別雷神大神は、下鴨神社の御神祭である玉依媛命(たまよりひめのみこと)の子です。賀茂氏が、大和国葛城から山城国(現・京都)に入り、この地にたどり着いたと伝えられています。平安京遷都以前、すでに社殿の基が造営されていたといいます。桓武天皇の平安京遷都以来、皇城鎮護の神・鬼門の守り神・総地主の神として崇拝を受けています。

毎年5月には、下鴨神社と合同で行われる京都三大祭の一つ葵祭(賀茂祭)が行われます。5月に入ると馬場で競馬会足汰(あしぞろえ)式(5月1日)、賀茂競馬(くらべうま)(5月5日)などが行われます。御手洗(みたらし)川では斎王代御禊(みそぎ)(下鴨神社と隔年交代)が行われます。

4月第2日曜日、渉渓園で催される優雅な賀茂曲水宴は斎王代も参加されます。9月9日に行われる烏相撲は、上賀茂神社の御祭神である外祖父賀茂建角身命が八咫烏となり神武天皇を先導した故事に由来します。10月第3日曜日、関西地方では上賀茂神社でしか見ることが出来ない笠懸(かさがけ)神事が行われます。

いかがでしたか? 京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

image by: Wikimedia Commons

 

『おもしろい京都案内』

毎年5,000万人以上の観光客が訪れる京都の魅力を紹介。特にガイドブックには載っていない京都の意外な素顔、魅力を発信しています。京都検定合格を目指している方、京都ファン必見! 京都人も知らない京都の魅力を沢山お伝えしていきます。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!