夫について「友だちが少ない」と漏らす妻は意外といる。

そうした夫には、どんな特徴があるのか。なぜ友だち付き合いをしないのか。夫婦再生カウンセラーの下木修一郎さんはこう話す。

「一概には言えませんが、典型的なパターンとしては『地味で影が薄い』『積極性がない』『行動的・社交的でない』タイプが挙げられると思います」(下木さん 以下同)

このこと自体はあまり問題がないはずだが、そこには妻の「積極的でない」「サポートしてくれない」「話が通じない」「私のこと、本当に好きなの?」といった不満があるのではないかという。

「妻は夫に対して『あの人、友だちも作れないんですよ』と言いますが、コミュニケーションできないほどの人だったら、そもそも結婚していないのでは?」

では、なぜこうした矛盾が起きるのか。下木さんはこう説明する。

「女性は自分を受け入れてくれる人を好む傾向がありますし、困っているときに話を聞いてくれ、そばにいてくれる人が大事なときはあったはずです。しかし、それで結婚・出産すると、女性のほうが『もっと家事や子育てを手伝って』『子どもをどこかに連れていって』などと、夫からの積極的な提案を求めるようになるのです」

●優しい・受けとめてくれる→結婚後に「消極的」という評価に!

しかし、結婚した理由が「話を聞いてくれる」「優しい」「受け止めてくれる」だった男性の場合、言われたことをきちんとやるのは得意だが、積極的でないことも多い。

すると、独身時代には気にならなかったのに、「なんでこっちから言わないと、何もやってくれないの?」「消極的で気がきかない=友だちもいない」という思いになるそう。そして、そのイラ立ちや怒りの理由が、男性にはわからないのだ。

「男性は女性に比べて、子どもと接している時間がどうしても少ないですから、気づかないことも多いもの。また、仕事をすることが家族のためと思っているだけに、休日ぐらいゴロゴロしたいと考えることもあるでしょう」

また、女性の場合はしゃべることでストレス発散できるのに対し、男性の場合は自分の弱音やグチを友人に話す人が少ない。

加えて、自分に自信があるタイプは、「オレのほうができる」という思いから、勝手に他者に競争意識を持ち、積極的に友だちを作らないケースもあるという。

そもそも女性と男性では「友だち」のあり方が違うもの。「友だちの少ない夫」にイライラする人は、それがなぜなのか、本当の不満の理由を考えてみるのも良いかも。

(田幸和歌子+ノオト)