浮気をしないオトコたちが証言!「妻だけを溺愛する」理由

写真拡大

「夫の浮気を心配したことがない」という女性は、世の中にどれぐらいいるでしょう。ニュースなどで不倫問題を目にするたび、不安になっている人が多いのではないでしょうか。

しかし筆者のクライアントには、「このダンナさまは絶対浮気しないだろうな……」と思う夫を持つ妻たちが数多くいます。中には「浮気って、心配する必要があるのでしょうか?」と夫を疑うことを不思議がる人もいるのです。そんな風に思えるのは日々夫からの愛情を実感できているからでしょう。彼女たちはどうして夫にそこまで溺愛されているのでしょうか。

そこでセラピーを通じて多くの女性を結婚に導き、夫婦円満のアドバイスに定評がある“女のしあわせ研究家”の筆者が、浮気をしない夫たちに“妻だけを溺愛する理由”をインタビューしました。今回はその中でも象徴的だった意見や、複数に共通した意見をご紹介します。

■1:妻が“笑い”を絶やさないでいてくれる

「うちの奥さんは、家ではいつも面白いことを言って笑わしてくれるんです。仕事から帰ってくると、何よりそれがほっとしますね」(夫30歳、メーカー勤務/妻32歳、音楽講師)

「妻を見ていると癒されます。何事も一生懸命なんですが、どこか天然で……可愛くて思わず笑ってしまいます」(夫33歳、公務員/妻31歳、事務職)

「妻一筋!」と言う男性たちにお話を伺ったところ、こんな意見がいくつもありました。やはり、男性にとって“笑い”があることは“癒し”なのですね。

“家に帰ると、妻のおかげで笑顔になれる”これは、男性が結婚で最も望んでいることかもしれません。それが叶うのは、何より妻が日頃から“家庭を明るくしたい”と心がけているからでしょう。妻がいる場所が何より居心地よく、精神的に癒される空間ならば、夫は間違いなく帰ってきます。誠実な男性であれば、よそ見などせず妻を溺愛するでしょう。

■2:妻が自分を誰より理解してくれている

「奥さんは一番の理解者です。僕の考えていることを、おそらく母親以上にわかってくれていると思います」(夫36歳、医療関係/妻43歳、医療事務)

「独立を考えた時、実家には反対されたんですが一度しかない人生だからやりたいことをやるべき、私も稼ぐから大丈夫!と、妻だけが背中を押してくれたんです。妻がいなかったら今の自分はありえません」(夫40歳、自営業/妻36歳、美容関係)

妻一筋の男性からは、こんな意見も複数ありました。これができたら確かに最強、夫は他の女性に目もくれなくなるでしょう。妻が溺愛されているのは、“夫の一番の理解者”となるべく努力しているからなのです。

■3:何といっても、妻の料理が美味い!

「かみさんは、何といっても料理が上手いんです!やっぱり男にとってはそこは大事じゃないですか?」(夫40歳、建設業/妻29歳、専業主婦)

「うちの妻の料理がですね、その辺の外食より美味いんですよ。だからできるだけまっすぐ帰りたくなりますよね」(夫33歳、金融関係/妻38歳、パートタイム)

最近、料理をする男性も増えていますが、やはり多くの男性は女性に胃袋を掴んでもらいたいようです。妻の料理が最高なら、家に帰ることそのものが“人生の楽しみ”となるのでしょう。

溺愛される妻の多くは、夫の味の好みを的確に掴んでいます。さらに、食を通じた健康管理をしている上級者もいます。“豪華な食事”であることが重要なのではありません。彼を思う愛情料理であることが、夫のハートを掴んで離さないのです。

いかがでしたか? 今回、様々な“円満エピソード”を伺うことができました。中でもご紹介した内容は、多くの人に共通する“おしどり夫婦の秘訣”と言えるのではないでしょうか。アナタも不倫の記事やニュースに不安を募らせる前に、ダンナさまにとって唯一無二の妻になれるよう、前向きに頑張ってみてくださいね!

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Syda Productions / Shutterstock