高畑淳子は「被害女性への謝罪の言葉が少ない」 事件性低いと感じている?

ざっくり言うと

  • 高畑淳子は謝罪会見で、「被害者とされる女性」という表現を使っていた
  • 舞台関係者は、「被害者女性への謝罪の言葉が少ない印象を受けた」と指摘
  • 「当初から事件性は低いと感じていたのではないか」と話す関係者もいる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング