これで痩せられるのかと思うほどボリューミーなロカボコース 9504円(税込)

写真拡大

ダイエットというとカロリーを気にしがちだが、カロリーはきちんと測っているのにそれでも痩せない、そんな悩みを抱える方は必見かも?

【写真を見る】監修をした山田悟氏 健康の専門家による提案がされている

吉祥寺第一ホテルでは9月12日より「ロカボコースメニュー」を提供する。ロカボというのは一般社団法人 食・楽・健康協会が推奨する「緩やかな糖質制限」のこと。糖質はご飯を始めとする炭水化物に多く含まれており、摂取することにより血糖値があがる。糖を消費するためのインスリンが分泌され、脂肪が合成されやすくなってしまう。糖質を緩やかに制限することで血糖値の上昇も緩やかにし、インスリンの分泌を防いで太りにくくしてくれるのが、ロカボの考え方だ。

「ローカーボ(極端な糖質制限を含む)」ではなく「ロカボ(緩やかな糖質制限=新時代の適正糖質摂取)」なので、続けやすい。ちなみにロカボでは、1食あたり20から40g、デザートや間食程度であれば10g以下に制限すること、1日の合計を70から130gに抑えることを求めている。ただし糖質以外の制限はなく、カロリーはもちろん、脂質も摂取して構わない。

吉祥寺第一ホテルのメニューにも、「スカモルツァチーズをサンドした仔羊のロースト バジル風味のトマトソース」や「キジハタとオマール海老のヴァプール 柚子風味のバターソース」など、肉や魚をふんだんに使い、ソースにもバターなど脂がのったものが選ばれている。しかも全部で10品、高級食材も用いている豪華なコースにも関わらず、医学博士の山田悟氏の監修によって、糖質はわずか22.5gしか入っていない。

今ダイエットをしている人、これから始めようとする人も、満足感たっぷりなロカボのごちそうに舌鼓を打ってみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】