trend_20160909170926.jpg

写真拡大

「待ってください警部殿...わかったんですよ...犯人がね...」

人気アニメ「名探偵コナン」でおなじみの「あのシーン」を再現できるカプセルトイ「名探偵コナン 卓上の名推理(解決編)」がバンダイから2016年に発売された。

「組み合わせ」で無限に広がるストーリー

主人公の江戸川コナン君が劇中で起きる事件のトリックを見破り、中年の私立探偵、毛利小五郎に麻酔をかけて推理を代弁させるシーンをフィギュア化。ラインナップはコナン君、毛利小五郎、小五郎が座る椅子の全5種類で、コナン君は腕時計に仕込んだ麻酔針を発射する時のポーズ、変声機つきの蝶ネクタイを使って推理を語る姿(2タイプ)の3種類を用意した。

一つ購入すると、立ったまま「蝶ネクタイ型変声機」を使うコナン君が出てきた。もちろん複数個購入して組み合わせることを想定したシリーズだが、必ずしもコナン君、小五郎、椅子の3種類を揃えなくとも、名シーンを再現することができそうだ。

コナン君と、これまでJ-CASTトレンドで紹介してきたカプセルトイたちを合わせたものがこちら。

小五郎がいなかったので、急きょ公園でスマホをいじっていたサラリーマンに麻酔をかけたコナン君。何らかの罪を隠ぺいしたドクロマンを、リーマンの声を借りて追い詰めていく。完璧な推理にアリバイを崩され、膝のみならず頭蓋骨まで落として罪を認めたドクロマン。周囲には、予想外の展開に驚きを隠せない「トレンディエンジェル」のたかしさんと、現場近くで枯山水の波紋を作っていた庭師の姿が。

ここからドクロマンの自白が始まり、10分ほどで倉木麻衣さんが歌うエンディングが流れて1話終了といったところか。組み合わせ次第でいろいろな想像が広がりそうだ。

1回300円。(一部販売が終了している店舗もあります)