8日、韓国メディアによると、韓国で売られているウエットティッシュから有毒成分や基準値の4000倍を超える一般細菌が検出され、メーカーが製品回収を始めた。写真はメーカーがホームページに掲載した製品回収の告示。

写真拡大

2016年9月8日、韓国・イーデイリーなどによると、韓国で売られているウエットティッシュから有毒成分や基準値の4000倍を超える一般細菌が検出され、一部メーカーが製品回収を始めた。

韓国消費者院は8日、販売中のウエットティッシュ27製品について成分分析をした結果、複数の製品から問題が見つかったと明らかにした。このうち泰光流通が販売する製品からは有毒成分のCMIT(クロロメチルイソチアゾリノン)とMIT(メチルイソチアゾリノン)が検出された。いずれも防腐剤として使われる成分だが、皮膚のアレルギー反応を引き起こす可能性があることから、韓国では昨年8月以降ウエットティッシュへの使用が禁止されている。メーカーは、安全基準が強化された昨年8月11日から使用防腐剤を変更した今年4月25日までに製造した製品をすべて回収することを決めた。

またベビー用品メーカー「モンドゥドゥ」のウエットティッシュからは、基準値の4000倍に上る一般細菌が検出された。メーカーは該当ロット(今年6月24日製造)の全品について、「最後の1パックまで責任を持ってリコールを行う」と明らかにした。

これについて韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「もう全部使っちゃったよ。どうしてくれる?」
「6月製造のを今も使ってる親なんてどこにいるんだ?」
「リコールは当然。被害補償についても発表すべき」
「モンドゥドゥの不買運動をしよう!」

「1人目を産んだ時から5年もモンドゥドゥを使い続けてきたのに」
「『最後の1パックまで』なんてよく言ってくれるよ。その6月24日製造のを使ってるけど会社からは何の連絡もないし、お客様センターの電話もつながらない」」
「売り出す前に検査しないの?」

「皆さん、韓国に安全な物は事実上一つもないとみていいよ」
「4000倍?基準値の4倍でも大騒ぎなのに、ふざけてるのか?ウエットティッシュが細菌まみれだなんて、これじゃ便器の水で洗った方がきれいそうだな」
「まるで中国と同じだ」(翻訳・編集/吉金)