星・旅・祭をテーマにイベント開催 「星空がよく見える場所」日本一の栃木・大田原で

写真拡大

 全国に星空が美しいスポットはたくさんあるが、栃木県大田原市もその1つ。環境省の「全国星空継続観察 スターウォッチング・ネットワーク」で、「星空がよく見える場所」日本一に4回も選ばれている名星空スポットなのだ。この大田原の星(天文)・旅(グルメや体験)・祭(音楽)に関する企画が詰まったイベント『星旅祭2016☆inおおたわら』 (大田原市星旅祭実行委員会主催)が、10月1日(土)に同市福原の「ふれあいの丘」で初開催される。

 「星ブース」、「旅ブース」、「祭ステージ」を設置。星ブースでは、広場に寝転びながら夜空を眺めたり、12星座や月のリズムに香りを合わせたルナアロマテラピーヨガなど、星空に関する催し物が楽しめる。旅ブースでは、地元グルメや大田原の伝統工芸に出合え、祭りステージでは、ミャンマーで活躍する同市出身の女性シンガーソングライターのライブなども。美しい星空という最高の財産の下で地元の魅力を味わえる北関東のイベントへ、小旅行に出かけてみてはいかが。

 前売りチケットは、大人2,000円、学生1,500円、小中学生500円。当日は大人2,500円、学生2,000円、小中校生1,000円。未就学児童は無料。