7日、中国商用飛機有限責任公司のマーケティング部副部長は開発中の大型旅客機C919の試験が順調に進んでいると明かした。

写真拡大

2016年9月8日、人民網によると、中国国産大型旅客機C919が順調に試験を消化しており、年内の初飛行を目指している。

7日、北京市で第11回中国国際航空宇宙博覧会の記者会見が行われた。席上、中国商用飛機有限責任公司(COMAC)の陸崢(ルー・ジョン)マーケティング部副部長は開発中の大型旅客機C919の試験が順調に進んでいると明かした。

C919は2015年10月2日に1号機が完成。その後、各種のテストを積み重ねてきた。初飛行までに必要なテストは200項目、1800点に及ぶ。進展は順調で年内の初飛行を目標としている。(翻訳・編集/増田聡太郎)