日本人の「ネコ好き」は、中国国内でも有名になりつつある。ネット上ではネコの愛くるしい表情や動きを撮影した画像や動画があふれ、ネコを模した癒し系のロボットやぬいぐるみなども多数紹介されている。中国メディア・科技訊は6日、日本で生まれたネコに関する「最も変態かつクレイジーな発明」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人の「ネコ好き」は、中国国内でも有名になりつつある。ネット上ではネコの愛くるしい表情や動きを撮影した画像や動画があふれ、ネコを模した癒し系のロボットやぬいぐるみなども多数紹介されている。中国メディア・科技訊は6日、日本で生まれたネコに関する「最も変態かつクレイジーな発明」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本人が発明したものは、とても実用的なものがある一方で、あまりにもクレイジーなものも存在する」と説明。その「クレイジーなもの」の1つとして、「ネコの頭の香りがする香水」を紹介した。この香水を吹きかけるとネコを抱きかかえている時に感じられるような香りを感じることができ、同時に開発されたネコの頭型の抱き枕とともに使用すれば「まるでネコを飼っているかのような癒し効果」が得られるとしている。

 そのうえで、「日本人というのものは、常に思いもよらない発明をする」と評する一方で、「感服せざるを得ないのは、それらの発明が確かに人びとのニーズを捉えていることなのである」とも解説。日本国内において、ネコが好き、ネコに癒されたいと思っていながら種々の理由により買うことができず悶々としている人が少なからずおり、「ネコの頭の香りがする香水」も彼らの願望を踏まえてのものであることを紹介した。

 大小便やマーキングのにおいや、健康を害している状態は別として、ネコは比較的体臭の少ない動物と言える。この点もネコがペットとして飼育しやすい理由の1つだろう。ただ、当然のことながら全く無味無臭ではなく、かすかにニオイはする。そのニオイが、ネコ好きにとってはたまらないのだ。

 日本人にネコ好きが多い、ということを知っている中国の人ならば、このような商品が出るのも「むべなるかな」と思えるだろう。もっとも、ネコの小便フレーバーの香水があるとするならば、それはさすがにクレイジーと言えるかもしれないが。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)