ポップコーンに夢中のアブーがかわいすぎる!ママのジャスミンは「手作りのウィッグがこだわりポイント」とのこと/(C)Disney

写真拡大

東京ディズニーリゾートでは、9月9日(金)から10月31日(月)まで、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が開催される。今年はイベント期間の最初と最後の1週間(9月9日〜15日、10月25日〜31日)、ディズニーキャラクターの“フル仮装”をして両パークに入園することが可能だ。

【写真を見る】本物と見分けがつかない!?本気すぎるフル仮装を一挙公開

そこで今回は、2015年に初めてフル仮装が解禁され、今年で2年目を迎えた東京ディズニーシーに記者が潜入!来園しているフル仮装のゲストを見渡すと、意外と目につくのが男性の姿。カップルやファミリー、夫婦に加え、なかには男性だけのグループも。さらに驚くのは、仮装のクオリティの高さだ。

アラビアンコーストにある宮殿前の広場で、威厳たっぷりのジャファーに遭遇。これからアトモスフィアエンターテイメントが始まるのかと思いきや、よく見るとタオルで汗を拭っている。一見本物かと見間違うほど完成度の高い、ジャファーのフル仮装を楽しむ男性ゲストだった。

話を聞こうと近くに行ってみると、ジャファーの相棒、イアーゴも隣にいるではないか!オウムのイアーゴは愛嬌たっぷりで、カメラを向けると羽を広げてキュートなポーズを決めてくれた。ジャファーに扮するカノヤンさんと、イアーゴに扮するサーヤンさんはご夫婦とのこと。衣装はすべて奥様が手作りしているそうだ。

アクアスフィア周辺では、この夏大ヒットとなった映画「ファインディング・ドリー」にも登場する、ドリーとクラッシュに扮する男性2人組を発見。取材当日は真夏の太陽がジリジリと照りつける、フル仮装にはかなり過酷な気温だったが、臆することなく大きな着ぐるみを着て来園している様子からも、気合いの入りようが伝わってくる。

イモロバさんとよっしーさんはディズニーつながりのご友人とのことで、ドリーとクラッシュのフル仮装は2年前から計画していたそう。「暑くないですか…?」と尋ねると、「いや〜、暑いです」と苦笑い。お2人の他にもたくさんのフル仮装仲間がいるようで、パーク内の至るところで盛り上がっていたが、海の仲間たちだけに、やはり暑さがこたえたようだ。

この他にも、「ズートピア」のキャラクターになりきるファミリーや、かわいい小猿のアブーを連れたジャスミンママなど、見ているだけでほのぼのとしてしまうゲストも多数。東京ディズニーシーのフル仮装も、すっかり定番化した様子だ。普段のパークではできない思い出づくりが可能になるこの期間。お気に入りのキャラクターになりきって、仲間と訪れてみてはいかがだろう。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】