関連画像

写真拡大

NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)が9月上旬に発表した児童ポルノに関する調査報告書が波紋をなげかけている。報告書の中で、「児童ポルノの疑いがある」作品を制作していると名指しされたAVメーカー(制作会社)のひとつ「First Star」は9月9日、弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「18歳未満の出演はありえない」と答えた。

First Starは9月7日付で「私たちが制作している作品におきましては、『18歳未満の未成年者及び生徒・児童の出演』という作品は、一切ございません」との声明を発表していた。

HRNは2015年5月〜2016年5月に、東京・秋葉原周辺のビデオ販売店を調査。児童ポルノと思われるDVD作品を多数確認したという。報告書の中では具体例として、過激な「着エロ」作品を含め、実店舗で売られていた13タイトルがあげられていた。

このうち、2タイトルがFirst Starの作品だった。いずれも出演者が性行為をする内容で、パッケージには「本物小●生」などの謳い文句がつけられていた。HRNは報告書の中で、「児童ポルノに該当することを積極的に宣伝文句として利用している」と指摘。キャリア20年の医師が女優の写真を鑑定した結果として、「小学校高学年と思われる」などのコメントを引用している。

●業界は「年齢確認を徹底している」と主張

報告書の内容について、First Starの担当者は弁護士ドットコムニュースの取材に「困惑している」と明かした。担当者によると、AV業界では数年前、18歳未満の少女が年齢を偽って出演し、プロダクション社長らが逮捕される事件があったことから、年齢確認を徹底してきたという。

First Starでは、事前面接と撮影当日、出演者に免許証やパスポートなど、顔写真つきの身分証明書を持参させ、それを撮影。さらに、顔の横に証明書を持った状態の写真も撮影している。出演承諾書などの書類にも、本名や生年月日などを記入してもらい保管するという。その書類を渡す場面などをすべて動画で撮影している。

担当者は「18歳未満を使ったら大変なことになります。そんなことはありえないですよ」と報告書の内容を否定した。なお、「本物小●生」など、児童ポルノと疑われるような作りにしている点については、「コメントが難しい。ただ、指摘があったのは1年半以上前の作品。業界団体の審査が厳しくなっているので、今(の作品)はより配慮した表現になっています」と話していた。

(弁護士ドットコムニュース)