NYのアパートで500以上の植物と暮らす、モデルの「都会派グリーンライフ」

写真拡大 (全7枚)

マイルームに観葉植物や多肉植物を置いている方、多いと思います。

オシャレはもちろんリラックスにもなるし、中には空気清浄効果がある植物もありますね。

毎日通勤や通学で疲れて帰って観葉植物でチルアウト……でもあんまり増やしちゃうと手入れが……なんて思ったら“究極の都会派ジャングリスト”が、いらっしゃいました。



ファッションブランドのモデルを務めながら、環境問題を訴え続ける“エコモデル”としても知られる、ブルックリンにお住いのSUMMER RAYNE OAKESさん。

1,200平方フィートの部屋で、観葉植物、多肉植物、ハーブ、野菜など、500もの多種多様な植物と生活しているそうです。



6年前にルームメイトが引っ越し、空いたスペースにとりあえず……と植物を置いたのが始まりでした。



最初に手に入れたのは、およそ1mのカシワバゴムノキ。それが今では4.5mになっています。



「私がニューヨークでサバイブできる唯一の方法は、植物と自分自身を囲むことであると思う」というサマーさん。

植物たちが癒し以上の何かを与えてくれているに違いありません。



お父さんが引退したら、一緒に“メイソンジャープラントガーデン”なるDIYプロジェクトを始めるんだとか。



都会で暮らす日々。「ちょっと仕事に疲れちゃったな」と感じたら、鉢植えを1つ、部屋に増やしてみてはいかがでしょう。

サマーさんの森の中のようなマイルームを参考にしながら、都会で緑と暮らすための方法をもう一度考えたいと思いませんか?

Woman Uses 500 Lush Plants To Turn Her Brooklyn Apartment Into Indoor Jungle[Boredpanda]