やっぱりタバコはだめ?「老化をストップさせる」アンチエイジングの秘訣6つ

写真拡大

毎日忙しく働く日々。そんな朝、ふと鏡を見ると、「ゲッ……小じわ!」と思わず目を疑った……なんてことがありませんか?

しわだけでなく、30代にもなると「何か体もあちこち痛いし、お腹の肉も気になる」とエイジングのサインはどんどん出てきます。

高価なアンチエイジングの基礎化粧品を使ったりマッサージに通ったりしても、食生活や生活習慣を整えてインナーケアをしなければ、老化は進んでいくばかり。

そこで今回は、『BizLady』過去記事や海外の健康・環境系情報サイト『Rodale Wellness』や『mother nature network』の記事を参考に、加齢のスピードを遅くする秘訣をご紹介します!

■1:野菜と果物の摂取を増やす

2012年の研究によると、6週間にわたり野菜や果物の摂取量を増やしたら、“他人からより魅力的かつ健康的に見られるようになった”という結果が出たそうです。つまり、“野菜や果物を多く食べる人は食べない人よりも若々しく見える”ということにつながりそうですね!

ビタミン類やミネラル類など、野菜や果物にはお肌や体を若く保つ成分がたくさん含まれます。とくにほうれん草やブロッコリー、ブルーベリー、リンゴなどがオススメだそうです!

食事前に低カロリーの野菜を多く食べればお腹が膨れ、全体的な摂取カロリーを減らしてスリムダウンすることも可能です。

■2:オーラルケアを怠らない

肌がきれいでも、ニコッと笑った歯が変色していたり、歯がところどころ抜けていたりしたら一気に老けて見え、見た人もゲンメツ……!

お肌だけでなく、歯のケアもアンチエイジングの1つ。日本ではデンタルフロスがまだ一般的ではありませんが、歯間に食べ残しがあることで虫歯や口臭の原因にもなります。1日1回は必ずフロスしてオーラルケアをしましょう。

■3:禁煙する

どんなに高い基礎化粧品を使っていても、タバコを吸っていては元も子もありません。老化をストップさせたいならすぐやめましょう。

タバコを吸うと血液循環が悪化し、肌にシワができることは科学的に証明されているそうです。もちろん肌だけでなく、歯が黄ばむなどの弊害や、数々の病気の原因となる結果にもなります。

もう遅いなんてことはありません。今やめた方がアンチエイジングや病気予防効果は高くなります。やめてしばらくしたらお肌や体調が改善していることに気づくはず!

■4:十分に睡眠をとる

睡眠不足は美容と健康の大敵! 睡眠不足で起きた翌朝の顔と、たっぷり気持ちよく眠った翌朝の顔を見比べれば、一目瞭然ですよね。

睡眠不足が続くと、お肌のシワやクマ、乾燥、などに繋がる恐れがあるそうです。夜遊びはほどほどにしてしっかり眠りましょう。

■5:エクササイズをする

エクササイズすると体内の酸素の供給量が増えて血液の循環も活発になるため、お肌に届く酸素の量も増え、肌がイキイキするそうです。

過去記事「朝の11分で寿命が2年延びる!? 老化防止の“通勤ウォーキング”習慣」でお伝えしましたが、お肌の老化を防止するだけでなく、心臓を保護する、DNA細胞を修復するなどの効果があり、1日11分歩けば2年、25分歩けば7年程度寿命を延ばす効果があるそうです!

■6:水をたくさん飲む

水をたくさん飲むことでお肌のハリや潤いだけでなく、体調や気分的な面も改善するそうです。逆に十分飲まないと、血液の循環が悪化してイライラしたり、頭が痛くなったり、お肌が乾燥してシワっぽくなったりするそうです!

摂取量が少ない人は1日グラス8杯分を摂取目安にしてみましょう。水を多く飲むことで食欲を抑える効果もあり、一石二鳥ですね。

以上、健康・美容上の老化を遅らせるカンタンな秘訣をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

アンチエイジングの道も一歩から。加齢のサインに悩んでいる方は、まず現在の食や生活習慣の見直しをすると、自ずと原因が分かるかもしれません!