爪の健康には、先端をまっすぐ切る「スクエアカット」(左)を。爪の角を切り落とす「ラウンドカット」「バイアスカット」は巻き爪リスクとなる。深爪もNGだ

写真拡大

つま先の露出が少なくなってくる季節になると、どんどん無造作になりがちなのが「足の爪」の切り方。お風呂上りになんとなく伸びてきたかな〜と思ったら、爪切りで短めにパチパチ。でもその「切り方」が、激しい痛みを伴う「巻き爪」の原因になることもあるのだとか。

【写真を見る】巻き爪チェックリスト。当てはまる項目が多い人ほど、巻き爪のリスクが高い。さらに※のついた7項の1つでもチェックが入る人は、さらにリスクが高いという

貝印が今年7月にインターネット上で行った調査によると足の爪に悩みがある人は男女ともに半数を超え、そのうち最も多いトラブルは「巻き爪」。さらに済生会川口総合病院皮膚科主任部長 高山かおる先生監修の「巻き爪リスクが高くなる生活習慣チェックリスト」を使った調査によると、半数近くが「爪の長さは指の先端よりも短く切っている(深爪)」、「爪の両端は切り落としている(バイアスカット・ラウンドカット)」、という切り方にチェックをつけたのだとか。実はこれがトラブルのもと。高山かおる先生によると、正しい足の爪の切り方は、先端をまっすぐに切る「スクエアカット」。貝印からは、理想的なスクエアカットができる直線刃ツメキリ「巻き爪用直線刃ツメキリ」なども販売されているので、それを買うのが一番手軽かもしれない。

すでに巻き爪になってしまっている場合は2ステップでのカットがおすすめ。巻き爪はその形状からツメキリの刃が食い込みにくく、切りにくいだけでなく、無理に横から切り込みを入れようとすると、爪が割れてしまう恐れも。まずは凸刃で爪の中心を切ってから、直線刃でまっすぐ切り揃える「スクエアカット」という手順でのお手入れが、正解のようだ。

切り方だけでなく運動不足も巻き爪の原因となったり、巻き爪になると歩行バランスが崩れたりするので、意外なほどに巻き爪と体の関係は深い。足の爪に意識を向けることも、これからの健康管理には重要であるようだ。まずは「切り方」を今一度、見直してみよう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】