「やりすぎなんですよ」

 杉本怜(すぎもと・れい)が笑顔でそう振り返るのは、今年8月まで行なわれたIFSC(International Federation of Sport Climbing)ボルダリング・ワールドカップで見せた、日本男子勢の戦いぶりについてだ。

 杉本はボルダリング男子代表を牽引するエースだが、今季のW杯第3戦以後は、故障の治療に専念するために戦線を離脱。すると、エース不在の間に後輩たちが、ボルダリングW杯の勢力図を一気に塗り替える活躍を見せたのだ。

 2020年東京五輪での実施が決定したスポーツクライミングは、「ボルダリング」「リード」「スピード」の3種目がある。毎年、種目ごとに世界各地を転戦するW杯が行なわれ、各国代表のスポーツクライマーが各大会の優勝と、各大会の成績に応じて得られるポイントの累計で決まる年間王者を目指し、腕を競い合っている。

 これまでスポーツクライミングといえば、ボルダリングW杯で年間王者に4度輝いた野口啓代(のぐち・あきよ)がクローズアップされてきた。男子もボルダリングW杯で堀創(ほり・つくる)が2011年カナダ・キャンモア大会、杉本が2013年ドイツ・ミュンヘン大会で優勝するなど、決してレベルが低いわけではなかったが、W杯の毎大会に6名で争う決勝戦まで駒を進める野口の活躍と比べると、脇に追いやられるのも仕方のないことだった。

 それが、である――。今年のボルダリングW杯では、日本男子がシリーズを通じて主役を演じたのだ。

 1月のボルダリング・ジャパンカップを初制覇した23歳の藤井快(ふじい・こころ)は、今季のW杯第2戦で3位となって初めて表彰台に登ると、第4戦のインド・ナビムンバイ大会で初優勝。第6戦アメリカ・ベイル大会で2勝目を飾り、ボルダリングW杯の年間ランクで2位となった。

 これは、2010年に堀が年間3位になって以来の快挙だが、楢崎智亜(ならさき・ともあ)がそれ以上の成績を残したことで霞(かす)んだ。楢崎は今季第3戦の中国・重慶大会で初優勝を飾るなど、優勝2回、2位3回の安定した成績を残し、日本人男子では初めてとなるボルダリングW杯の年間チャンピオンに輝いたのだ。

 2014年が年間26位、2015年が年間30位と、昨年までの楢崎は予選20位以内になった選手が進める準決勝ラウンドに残れるかどうかのレベル。それは今年の序盤戦も変わらず、W杯初戦は18位、第2戦は15位と、決勝進出にはほど遠かった。だが、なにかキッカケを掴むと短期間で大きな飛躍を遂げるのが、若さの特権である。楢崎にとってのそれは、W杯第2戦にあった。

 ボルダリングW杯としては7年ぶりの日本開催となった加須(かぞ)大会で、楢崎は準決勝4課題のうち1課題に完登(課題を登り切ること)したものの、ほかの3課題はすべてゴール取りで落下。その課題に手も足も出ずに決勝進出を逃したのなら、力不足とあきらめもついたかもしれないが、そうではなかったことで、楢崎に火がついた。

「すごく悔しくて。もう絶対にゴール取りで落ちないと決めて、何度も、何度も動画を見直しました」

 自らの登りを見直し、研究したことで、加須大会の1週間後に行なわれた第3戦で大輪を咲かせた。

 杉本は楢崎の強さを、「ダイナミックな動きが持ち味で、デッドが抜群にうまい。他の選手よりも智亜は足の筋力が強いこともあって、デッドのときに手をピンポイントに置けるのが特長ですね」と分析する。デッドとは、身体を壁に大きく引きつけた勢いを利用し、一瞬の無重力状態を生み出して次のホールド(突起物)を掴む動きのこと。ただし、デッドは身体のバランスを崩しながらの動きのため、出した手がホールドを取り損ねると、たちまち落下を招く。

 こうしたムーブ(※)には瞬発力や神経系の発達が欠かせないが、楢崎は子どものころに体操競技をやっていたアドバンテージに加え、昨年末からパーソナル・フィジカルトレーナーの千葉啓史(ひろし)氏に、クライミングで必要な細かな身体の使い方を意識下に置くトレーニングを受けて、動きの精度や質を磨いた。

※ムーブ=登るための動き方のこと。課題のなかにあるホールドを両手両足のどれで、どう使いながら登るのかを想定する。

「何かを変えようと思って新しく取り入れたけど、最初のころは教えてもらったことが身体のなかでうまく消化できていなかった。それが、3戦目くらいからやっと馴染んできた」

 そうした努力が実を結び、W杯初優勝以降は他の選手が苦労する課題でも、楢崎だけがあっさりと完登というシーンが増え、毎大会2位以上という安定した成績を残すことにつながった。

 目覚ましい成長でW杯王者へと登りつめた楢崎が次に狙うのは、9月14日からフランス・パリで始まる世界選手権の優勝だ。2年に1度開催されるスポーツクライミング界最大のタイトルであり、過去に日本人選手は誰も手にしていない。楢崎は「優勝を狙っていきます」と二冠への意欲を隠さないが、ライバルたちもただ手をこまねいているわけではない。

 昨年のW杯王者で今季は年間4位に終わったチョン・ジョンウォン(韓国)、今季年間3位のアレクセイ・ルヴツォオフ(ロシア)、ダイナミックなムーブで人気のショーン・マコール(カナダ)などに加え、昨季の年間3位ながら今季はボルダリングW杯を欠場したアダム・オンドラ(チェコ)もエントリーしている。なにより、年間王者をW杯最終戦で楢崎にさらわれた最大のライバル・藤井が、「年間2位は全然うれしくないし、喜べない。世界選手権こそ僕が上回る」と、決意を固めている。

 スポーツクライミングを観るうえで、競技経験のあるほうが楽しめると思われているが、オリンピック中継を例に出すまでもなく、「Doスポーツ」と「観るスポーツ」はまったくの別物。スポーツクライミングのボルダリングには細かいルールがあるものの、重要なのは課題を登れたか、ということだけ。ほかの知識は見ていれば、おのずと蓄積されていく。

 世界選手権の模様は、『CS スカイA』や『NHK BS』などで放送される予定だが、国際スポーツクライミング連盟(IFSC)のウェブサイト(www.ifsc-climbing.org/)でも準決勝・決勝がライブ中継される。各国代表の有力選手たちが顔を揃える最高峰の舞台で、楢崎智亜や藤井快らの日本勢がふたたび"やりすぎる"瞬間を、ぜひ見逃さないでもらいたい。


【世界選手権・男子ボルダリング】
予選 @ 9月14日(水) 9:00〜16:00
準決勝 @ 9月16日(金) 19:00〜21:30
決勝 @ 9月17日(土) 17:30〜19:00
※日付・時刻は現地時間

【profile】
楢崎智亜(ならさき・ともあ)
1996年6月22日生まれ、栃木県出身。4歳から小学4年まで体操クラブに通い、小学5年でクライミングを始める。2008年から年代別大会で好成績を残し、2012年6月のリード・ジャパンカップで7位、翌年1月のリード日本選手権で2位と、全年代対象大会で上位に食い込み注目される。2013年からリードW杯に本格参戦し、2014年にボルダリング・ジャパンカップで7位となり、この年からW杯はボルダリングに出場している。世界選手権は2014年ドイツ・ミュンヘンのボルダリングに初出場して10位。今季はW杯王者となったが、国内唯一の公式戦ボルダリング・ジャパンカップでの過去最高位は、2015年の3位。今回の世界選手権リードに出場する楢崎明智(めいち)は実弟。170cm・58kg。

津金一郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro