高収入で性格のいい敵ナシ美人が「絶対にやらない」7つのこと

写真拡大

皆さんの周りにもいませんか? 美人で、性格がよくて、仕事も順調にステップアップしている羨ましすぎる女性が。

ムリしている様子はないのに、みんなが欲しがるモノを次々と手に入れている女性は、どんなことに気を配っているのでしょうか?

今回は、多くの事件を通じ、様々な人間模様を取材してきたジャーナリスト、入江吉正さんの新著『中途半端なブスはグレない〜劣等感や嫉妬心に支配されない生き方〜』を参照しつつ、次から次へとハッピーが舞い込む美人の習慣についてお届けします!

■誰だって美人になれる! 30過ぎたら顔より振る舞いや雰囲気が大事

“美人”か“ブス”かというのは、個人の好みに委ねられること。それでも、目の前の相手に「なんだかステキな人だな」と思わせる人は、独特の雰囲気を持っているようです。

『中途半端なブスはグレない〜劣等感や嫉妬心に支配されない生き方〜』によれば、美人の印象を作るのは、顔だけではなく、話し方、声、身ぶり、ファッションなど、多岐にわたります。

そう! 30歳過ぎたら磨くべきは外見だけじゃなく、“美人の雰囲気”! そのためには、自分自身がファッションや思考、教養や仕事の仕方をトータルで演出する総合プロデューサーになる必要があります。

じつは、雰囲気美人はとってもトク!

<相手に良い印象を与えますし、周りも知らず知らずに高い評価を与えがちになります>

著書では「美人の方が人生で金銭的にトクをする可能性が高い」という権威ある調査結果も紹介されていますが、“美人オーラ”は仕事にも良い影響を与えることがあるようです。

■印象操作のプロ! タカラジェンヌが反面教師にする“ブス像”が超参考になる

宝塚歌劇団員、通称タカラジェンヌの女性たちは、“美人の雰囲気”を身に着け、遠目から見ても美しい印象を与えるプロ!

入江さんによると、宝塚歌劇団には“ブスの25箇条”という門外不出の“闇の掟”があるそうで。

その中の決定的な7つの掟を紹介していきましょう!

(1)いつも口がへの字の形をしている

(2)自分がブスであることを知らない

(3)いつも周囲が悪いと思っている

(4)他人にシットする

(5)人のアドバイスや忠告を受け入れない

(6)問題意識を持てない

(7)人生において仕事に意欲がない

いかがでしょうか? つまり、雰囲気美人になるためには、これらと反対のことを心掛ければいいのです。

<周りに好かれる「性格美人」になるためには、自分の中にある劣等感や嫉妬心を自覚し、うまくコントロールして心に余裕を持つことです。>

とのことですが、自分の醜い部分を自覚しても折れない心を持ち、自分にしかない魅力を磨く努力を続けるステキな女性。それが、オーバー30歳が目指すべき美人と言えるでしょう。

■元・美人が“ブス”に転落する恐ろしいスパイラルとは

一方で、タカラジェンヌの“ブスの掟”のままに行動すると、恐ろしいことが……!

<いくら美人でスタイルが良くても、日ごろ「性格ブス」な言動を繰り返していると周りから敬遠されてしまいます。ますます充実した生活から遠ざかり、これも負のスパイラルから抜け出せなくなります>

だんだんと自分の周りから大切な人が離れていき、それでも周囲のせいにし続け、孤立し、生活の張り合いをなくしていくと、心も容姿も老け込んでしまうことだってあるのかもしれません。なんだか、ちょっとコワいですよね……。

以上、ハッピーが次から次へと舞い込む”美人が絶対にやらないこと”についてお届けしましたが、いかがでしょうか?

誰の心にも住んでいる“ちょっと意地悪な心”や、嫉妬心を自覚し、コントロールする。すると、人間関係や仕事がうまくいき始め、人生の充実がにじみ出た、味わい深い雰囲気を身に着けることができるのかもしれませんね!