12時間で組み立てられる、「IKEAの家具」のようなトラック

写真拡大

F1マシンのデザインで知られるゴードン・マレーが、「IKEAの家具」のようなトラックを設計した。組み立てに要する時間は12時間。アフリカなど途上国での利用が期待されている。

SLIDE SHOW 「12時間で組み立てられる、「IKEAの家具」のようなトラック」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-pickuptruck1-1024x768

2/9OXを設計したのは、有名なF1マシン・デザイナーのゴードン・マレー。

03-pickuptruck2-1024x768

3/9最初のプロトタイプは2013年に登場した。写真は3代目のプロトタイプ。

04-pickuptruck6-768x1024

4/9フロントガラスは3枚のパネルがまったく同じ形をしており、組み立てや交換が容易になっている。

05-pickuptruck5-1024x768

5/9フロントシートには3人が座れる。後部シートには最高10人が座れる。

06-pickuptruck4-768x1024

6/9OXは軽量設計だ。テールゲート(後部荷室扉)はスロープにもなる。

07-pickupproto3-582x199

7/9組み立て方法の図解。

08-pickupproto1-1024x614

8/9

09-pickuptruckta-1024x768

9/9

Prev Next

有名なF1マシンデザイナーで、優れたEVのデザインでも知られるゴードン・マレーが、また素晴らしいクルマをつくった。今度は、パーツの状態で輸送して現地で組み立てることができる、まるでIKEAで買った本棚のようなクルマだ。

マレーは、慈善家のトークィル・ノーマンが所有する企業、Global Vehicle Trust社のために、フラットパック(平箱梱包)・トラック「OX」を設計した。最初の試作品が登場したのは2013年。それから3年と400万ドルをかけて、2種類の試作品を作成したのち、同社はさらに完成度の高い試作品を発表した。

最新のOXの試作品は、約60個のパーツで組み立てられる。フラットパックの家具そっくりのフラットパック・トラックは、輸送に必要なスペースが少なくて済む。このため、最初の輸出先であるアフリカへの輸送費が格段に安くなる。

Global Vehicle Trust社によると、OXは3人で作業して12時間で組み立てられるという。このように簡単なのは、細部のパーツが扱いやすくなっているからだ。例えば、フロントガラスは3枚のパネルがまったく同じ形をしており、組み立てや交換が容易になっている。

OXは、マレーが独自に開発した「iStream」と呼ばれる製造法のおかげで、平均的なトラックよりもかなり軽量になっている。iStreamでは、型打ちした鋼製のボディの代わりに、ハチの巣状の鋼管フレームを使用している。そのフレームは、繊維ガラスやポリウレタン、紙などの複合材料でコーティングされている。

2011年に『WIRED』US版がiStreamについてマレーにインタヴューしたとき、彼はこの技術でクルマを20〜25パーセント軽量化でき、生産効率を60パーセント向上させることができると語っていた(日本語版記事)。

だが、今回のOXでは、標準的なiStreamの素材を利用することはできなかったという。「アフリカでのトラックの扱いがあまりにも荒いためです。44ガロン(約170リットル)の水が入ったドラム缶を数メートル上からトラックの上に落とすような使い方がされるので、複合パネルだと穴が開いてしまうのです」とマレーは説明する。

その代りにOXでは、防水加工した木質複合材を使用している。マレーの開発チームは、耐久性に優れた軽量の材料を求めて世界中を探し回った結果、「Wisaボード」と呼ばれるスカンジナビア製の人工合板を見つけた。

複合鋼と複合合板のどちらを使用するとしても、iStream技術が軌道に乗れば、クルマの製造方法を根本的に変えることになるだろうとマレーは言う。アフリカだけでなく、中国や中東、あるいは先進国の農家などにもその市場があるはずだと彼は考えている。

RELATED