スマホの画面が車窓になる!運転士にも乗客にもなれるプラレール

写真拡大

半世紀以上にわたり愛され続ける乗り物系おもちゃの大定番、タカラトミー「プラレール」がここまで進化!

この秋発売の新商品「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」は、子どもたちに大人気のドクターイエローの車両に2つのカメラを搭載、映像をスマホで見ながら操作できるプラレールだ。

20160909_plarail01

[関連記事]大人が夢中!プラレールの進化が止まらない

■Wi-Fiでつなげてスマホで眺める!さらに専用動画で撮影もできる!

 

車両先端に搭載する「運転士カメラ」と車体側面に搭載する「車窓カメラ」の2つのカメラで、運転士と乗客両方の目線を楽しめる。

20160909_plarail03

特に注目はプラレール史上初搭載の「車窓カメラ」で、実際に電車に乗って車窓からの景色を眺めているような気分を味わえる。ジオラマ内で車両同士がすれ違う瞬間の映像は思いがけない大迫力!

20160909_plarail06

撮影した映像は、Wi-Fi経由でスマホの専用アプリにリアルタイムで転送され、その映像を見ながらプラレールを操作できる。

20160909_plarail02

撮影動画はスマホの専用アプリを経由して録画できるので、走行映像を保存したりSNSでシェアもできる。

また映像にはランダムで、雨や雪などの天候エフェクトや、朝・昼・夕方・夜などの時間帯エフェクトが追加され、変化する景色を眺める楽しさもある。

20160909_plarail05

またこの専用アプリは、2016年4月発売の「ぼくが運転!マスコン北海道新幹線はやぶさ」と連動させられるので、付属のマスコンを使用してプラレールを操作することも可能だ。マスコンの上にスマホをセットすれば、気分は運転手!

20160909_plarail07

価格は1万2960円で10月13日より発売。ちなみに翌日10月14日は、鉄道の日&プラレールの日。童心に帰って子どもと一緒に夢中になってみる?

タカラトミー「プラレール」>> http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

 

[関連記事]
プラレールと木製線路を連結できる夢のレール

新型ルービックキューブは回りません!え、どう遊ぶの?

消防車の魅力が詰まったMORITAオリジナルグッズにグッとくる!

(文/&GP編集部)