しなければならないこと、やるべきことがあるのに、不安に苛まれてなかなかはじめの一歩が踏み出せない…。「もう歳かな」などという思いがよぎってしまうこともありがちですが、ご安心ください。無料メルマガ『うまくいく人の目標達成術』の著者で心理カウンセラーの吉田こうじさんが、「不安から抜け出し行動を起こすための5つのステップ」を伝授してくださっています。

不安から抜け出し行動を起こす5つのステップ

今回は、やるべきことがあるにもかかわらず、不安にとらわれてどうにも動けないとき、その不安から抜け出し行動を起こすための5つのステップをご紹介します。では、早速いってみましょう!

1.不安をそのまま受け入れる(受容し共感する)

これはいわゆる自己受容です。

不安に感じている気持ちをそのまま「そうだよね〜不安だよね〜」「大丈夫、不安なのはわかっているから」「不安を感じてもいいのよ」と、できれば実際に言葉に出しながら、優しく受け入れてみます。

この際にフォーカシングをするとより効果的です(フォーカシングについてはググってみてください。僕の心理学勉強会でもよく扱っています)。

不安を抑圧すると拡大しますが、受け入れると縮小します。不安の感情を感じたら、ゆっくりと優しく受け入れていきます。

2.落ち着いてきたところで不安の感情を感じる代わりに「本当はどうなりたいのか?」を実際に声に出す

受容し共感し続けていると、ふっと心が軽くなる感じに気づけるはず。

心が軽くなったことを感じたなら、今度は「本当は不安を感じる代わりに、今、どんな感情を感じたいのだろう?」と自問します。出てきた答えを実際に言葉にしてみましょう。

「本当は◯◯な気持ちになりたい!」

この時、勇者のポーズをとるといいですね。両足は肩幅よりちょっとだけ広げにして、両腕を空に向けて伸ばし、顔も45度くらい上を向いて、さらに笑顔で言ってみるのです。せっかくなので、5回以上は言ってみることをお勧めします\(^o^)/

3.なりたい状態が実現したことをリアルに想像し、実現した状態に感じるであろう感情を味わう

勇者のポーズをとっても取らなくても、実際に声に出せなかったとしても、このプロセスはしっかりやってみましょう。「なりたい状態が実現したらどんな気持ちになるだろう?」と自問し、その状態の感情を十分に感じてみるのです。

きっと体がポカポカしたり、エネルギーが湧いてくることを感じると思います。

※なお、3がなかなかできない場合は、1番目に一度戻って同じ手順を繰り返します

4.なりたい状態を十分に感じてエネルギーが高まってきたと感じたら、とりあえずできることから行動を起こす

エネルギーの高まりを感じたら、いますぐできることからまずは行動してみます。緻密にゴール設定をするようなものよりも、「とりあえず」で始められるものがいいでしょう。

5.1時間やり続けたら一旦お休みする

取り組む内容にもよりますが、1時間程度続けたら、一旦、休憩してみます。もちろん気分が乗っているなら続行して大丈夫です。

以上が5つのステップです。もし、やるべきことがあるにも関わらず、不安に取り込まれて動けない…、こんな時には試してみてください。

image by: Shutterstock

 

『うまくいく人の目標達成術』

自分自身のリーダーシップを高め、富と幸せを引き寄せ、それらを豊かにわ分かち合い、感謝と感動の中で楽しく成長し人生をエンジョイするための成功と幸せのビジネス系スピリチュアルスキルをお届けしています。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!