9日、韓国・中央日報などによると、米国政府が、北朝鮮内部への情報流入を強化することで北朝鮮体制を根元から揺るがす戦略を進める。写真は韓国ドラマなど韓流ポスター。

写真拡大

2016年9月9日、韓国・中央日報などによると、米国政府が、北朝鮮内部への情報流入を強化することで北朝鮮体制を根元から揺るがす戦略を進める。

米国務省は7日(現地時間)、北朝鮮への情報流入の拡大方案を盛り込んだ「対北情報流入報告書」を上下院外交委員会に提出した。今年2月に施行された対北制裁強化法に伴う措置だ。報告書の詳しい内容は機密情報として公開されていないが、安価な大量情報通信手段を北朝鮮住民に供給し、住民らが制限や検閲なく広く情報にアクセスできるようにするための具体的な方案が盛り込まれているという。大量情報通信手段としては、ラジオや携帯電話、タブレットPCのほか、北朝鮮外部の情報が入ったUSBやDVDなどが想定されているとみられる。

米国のオバマ大統領は昨年1月、YouTubeのインタビューで「情報が北朝鮮に流れ込むことで変化が起こる」と述べ、北朝鮮政権を圧迫する手段の一つとして「情報流入」を挙げていた。またトム・マリノフスキー米国務省民主主義・人権・労働次官補は今年2月、「DVD・MP3・携帯電話・タブレットPCが北朝鮮で使われている」とした上で、「韓国ドラマや外国映画は、金正恩(キム・ジョンウン)政権がいかにうそをついているかを確認させるきっかけになるだろう」と述べた。

これについて韓国のネットユーザーからさまざまな声が寄せられているが、多くは米国の作戦に賛同するものだ。

「根っこから揺らせば、どんなに深く根付いた木でも最後は抜ける」
「文化の崩壊が一番手っ取り早い。北朝鮮の崩壊は時間の問題。いつまでも世襲はできないだろうし、金正恩で終わると思う」
「ガールズグループのミュージックビデオ特集を流せばゲーム終了だ」

「ドイツもこの方法で統一されたよ!」
「さすが米国の戦略はよくできてる」
「崩壊に持っていこうとしているとこを見ると、米国は北朝鮮と会話が通じないやつらと決めたようだね」

「韓国も拡声器を増設しよう」
「韓国もビラの代わりに中古スマホを北朝鮮全域にまくべきだ。いろんな動画も入れてね」
「ヘル朝鮮(地獄のような韓国)は信じなくとも米国のことは信じられる」
「金正恩がこのニュースを読んでいそうだが…」(翻訳・編集/吉金)