同じ卓球選手でリオ五輪出場の江宏傑さんと結婚したという福原愛さん(2012年8月撮影)

写真拡大

日本女子卓球界を代表する存在で、リオデジャネイロ五輪では団体銅メダルを獲得した福原愛選手が、2016年9月初旬に結婚した。お相手は、台湾代表で同じくリオ五輪に出場した江宏傑(こう・こうけつ)選手で、福原選手はかねてから交際を宣言していた。

世界トップレベルの卓球選手同士の結婚とあって、早速注目を集めているのが、2人に子どもが生まれたらどうなるかという点。「最強の選手になりそう」とツイッター上ではささやかれているが、果たしてアスリートの「運動神経」は子に遺伝するのだろうか。

金メダリスト室伏広治・塚原直也はサラブレッド

トップアスリートは、その子どもも運動能力が高くなるだろうとして、度々期待を集める。

サッカー女子元日本代表で2011年度バロンドール(FIFA最優秀選手賞)受賞者の澤穂希さんは、ベガルタ仙台でプレーした元サッカー選手の辻上裕章さんと15年8月に結婚した。16年7月19日に妊娠を発表した際は、「驚異的なポテンシャル秘めてそう」とトップレベルの選手同士の子どもに期待を寄せる声がツイッター上で多く見られた。

元陸上ハンマー投げ選手で12年アテネ五輪金メダリストの室伏広治さんは、父親がハンマー投げ元日本記録保持者の重信さん、母親は円盤投げ元ルーマニア代表選手のセラフィナさんという「サラブレッド」だ。室伏さん自身、短距離走をはじめ他のスポーツでも高い能力を示している。また妹の由佳さんも、円盤投げとハンマー投げの日本記録保持者だ。

世界レベルで活躍したトップアスリートを両親にもち、自身も世界を舞台にした選手はほかにもいる。04年アテネ五輪の体操男子団体金メダリスト・塚原直也さんは、両親が体操選手の血筋だ。父・光男さんは68年メキシコ五輪と72年ミュンヘン五輪の金メダリストで、母・千恵子(旧姓:小田)さんもメキシコ五輪体操日本代表だった。

トップアスリートの親の遺伝子は子に受け継がれるのか。これには、諸説ある。

自然療法医の石川善光氏は16年3月31日、自身のブログに、運動で高いパフォーマンスを発揮できる骨格や筋肉は

「ある程度両親からの遺伝で決まる割合が高く、親のどちらかが運動能力が高い場合、子どもにも備わる可能性が高いといえます」

と書いていた。特に、筋肉の瞬発力を司る「速筋」は遺伝しやすく、たとえば陸上の短距離走は親の実力を受け継ぎやすいという。

「運動神経」の90%は後発的トレーニングで決まる

親からの遺伝で、どの程度身体能力が決まるかを表す「遺伝率」という尺度がある。遺伝子研究の動向を伝える米メディア「Genetic Literacy Project」が15年12月11日付記事で紹介した、米メリーランド大学運動生理学部のスティーブン・ロス教授の研究によると、持久力の遺伝率は40〜50%、筋肉量は50〜60%、身長は80%、スポーツにおける総合的な競争力は66%という。親とまったく同じレベルとは言い切れないが、身体能力は一定程度、遺伝するかもしれない点を研究では示している。

ところで、「運動神経が良い」という表現をよく耳にする。フィットネス事業を展開するスマイルアカデミー(福岡市)が14年11月24日にウェブサイトで公開した記事によると、これは瞬時に五感で状況を判断し、目的に合わせてスムーズに運動をできることを指す。たとえば、野球選手がほとんど経験のないサッカーをプレーしても最初からある程度器用にこなせる場合、運動神経が良いと言える。そして、この運動神経の遺伝率は10%しかなく、90%は後天的なトレーニングで決まるという。

日本サッカー協会(JFA)が発行する『U-8,10 ハンドブック』によると、スポーツの能力向上において、「ゴールデンエイジ」と呼ばれる3〜14歳の幼少期に運動学習能力が一生のうちで最も高い。この時期に充実したトレーニングを受けられる環境を整えると、高い能力が身につきやすい。逆に、大人になってから始めると、なかなか上達しないという。名選手だった親の遺伝子を受け継いだとしても、この年代のトレーニング方法を誤ればトップレベルにはいけないのかもしれない。

順天堂大学スポーツ健康科学部教授の内藤久士氏は、日本経済新聞(電子版)11年2月5日付の記事の中で、「世界の頂点に立つには様々な環境にも恵まれなければならない。金メダルは奇跡のたまもの」として、「遺伝子もミラクルを生むひとつの要因でしかない」と述べている。