「花の都」として世界中の人々から賞賛されているフランス・パリ。

ミシュランの星が与えられたレストランの数でも東京に次いで世界第2位であるパリは、やはりヨーロッパにおける食文化の中心の1つといっても過言ではありません。

そんなパリの街中に極上のステーキレストランがある事をご存知でしょうか?

それが今回ご紹介するパリジャンが愛して止まないステーキハウス「ル・ローシュベム(Le Louchebem)」です。

・ディナータイムはほぼ予約でいっぱいのお店
実はこちらのお店、パリのセレブがこぞって集まっているお店。

実はこちらのお店、フランス人には非常に有名だそうで、「ジェラール・ドパルデュー」という俳優さんも通っているお店。

そのため、フランス人のディナータイムである午後8時頃は座席が空いていない、というほど。

お店の方からはオープン直後は座れるとお伺いしましたが、もし訪れるのであれば、フランス人のディナータイムに予約して、周りのフランス人達と盛り上がる、という楽しいディナータイムを楽しむ、というのがオススメです。


・絶品のステーキ
お店のメニューはどれも絶品ですが、日本のステーキをイメージすると少々違います。

日本の高級ステーキというとサシの入ったステーキですが、こちらのお店のステーキは、大きな塊のままグリルで焼く、というスタイルのため、肉肉しい味わいをたっぷりと楽しむことができます。

どちらかというと日本で食べられる肉よりもあっさりしており、肉のうまみとコク、そして非常に強い味わいを感じる事ができます。




・特製の三種類のソースでさらに楽しむ
単純な塩とコショウだけでも楽しめるのですが、こちらのお店特製の3種類のソースをつけて味わうとさらに楽しむ事が出来ます。

肉汁だけを集めて味を整えたブラウンソースに、マスタードの辛みと酸味がたのしいマスタードソース、そして焦がしエシャレットの甘みと苦みが効いたエシャレットソースは、どのソースも肉を楽しむのにもってこいです。

さらにマッシュポテトと合わせて味わえば、パリの人々が愛するステーキの味わいを楽しむ事が出来ます。

パリを旅行するのであれば、是非ル・ローシュベム(Le Louchebem)というお店を訪れてみてはいかがでしょうか?

きっとそこには、昔から変わらないパリの素敵な日常が溢れています。

そんな日常に溶け込む旅、ぜひ2回目のパリの旅行で味わってみてはいかがでしょうか?

そうすれば1回目のパリとは違う、スペシャルな体験を出来るに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 ル・ローシュベム(Le Louchebem)
住所 10, rue des Prouvaires - angle 31, rue Berger 75001 PARIS
最寄駅  Châtelet - les Halles
オフィシャルHP http://www.le-louchebem.fr/