カゲロウは寿命が短く、どこかはかなさを感じさせる昆虫だ。

 現在Twitter上では、愛知県春日井市の庄内川にかかる橋の上で、カゲロウが大発生したことが話題になっている。

 見つかったのは、歩道を埋め尽くすほどのカゲロウの死骸…。それをかき集めて、両手ですくいあげてみると、そのおびただしい数にあぜんとしてしまう。

 なお、現場はかなり生臭いにおいが立ち込めているようだ。

 死骸が路上に積もると、自転車や自動車のスリップを招く要因になるという声も。こんな状況を目にした時には、思わぬケガをしないように注意が必要だ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら