読まないとドンドン貧乏に!? 読書時間と貧困の意外な関係が判明

写真拡大

「うちの子、漫画やゲームばっかりで、ちっとも読書しなくて……」

そう嘆いているお母さんに質問です。あなた自身は、この1カ月で何冊の本を読みましたか!?

“子は親の鏡”といわれます。お子さんを読書好きにしたいなら、まずはお母さん自身が読書の習慣を持つことが大事かもしれません。

「そんなこと言ったって、ゆったり読書するヒマなんかないし……」などと言っている場合ではありませんよ! 実は、読書の習慣はただ学校の成績に影響するだけでなく、お金持ちになれるか一生貧乏のままかを左右するおそれもあることが、ある調査で明らかになったのです。

 

■読書しないと貧困から抜け出せない!?

ベストセラー『Rich Habits(お金持ちの習慣)』の著者トム・コーリー氏が行った調査において、お金持ちと貧乏な人では、読書習慣にはっきりとした違いがあることが浮き彫りになりました。

(1)読書好きな人の割合

お金持ちでは86%、貧乏な人では26%。

(2)自己啓発のための読書時間

毎日30分以上読書をするのは、お金持ちでは88%、貧乏な人ではわずか2%。

(3)子どもに読ませる本の冊数

毎月2冊以上子どもにノンフィクションの本を読ませるのは、お金持ちでは63%、貧乏な人ではわずか3%。

お金持ちと貧乏な人との違いが、ここまではっきりと数値にあらわれているなんてちょっとびっくりですよね! あなたはそれでもまだ「忙しい」を言い訳に読書を後回しにし続けるのでしょうか!?

 

■専門家がズバリ指摘する“読書習慣が身に付かない人”のNG習慣3つ

上記のデータを見て、「よし、これからは私も毎日読書しなきゃ!」と決心された方も多いことでしょう。

とはいえ、これまでにも一念発起してみたものの、1冊も読み終わらないうちに挫折してしまったような経験はありませんか?

書評家・印南敦史さんの著書『遅読家のための読書術』によれば、読書習慣が身につかないのには次のような原因があるようです。

(1)本の内容をすべて頭にたたきこもうとしている

本の内容を一言一句正しく理解して、頭のなかに詰め込もうとしていないでしょうか? そうした“熟読の呪い”にかかっていると、なかなかページが進まず、読書からストレスを感じやすくなってしまいます。

もちろん、推理小説など“筋書き”が命の本であれば、じっくり読みこむのもアリでしょう。他方、実用本など情報を得るための読書であれば、もう少し肩の力を抜いて読み流すのがお勧めです。

いくら熟読して本の内容を覚えた“つもり”になっても、時間の経過とともに忘れてしまいます。ならば、1冊の内容を100%頭にたたきこもうと時間をかけるよりも、たくさんの本を「1%残ればいい」という感覚で、どんどん読み飛ばすほうがお得ではないでしょうか?

(2)読書の時間を決めていない

ただ何となく「読書しなくちゃ」と思っているだけでは、さまざまな雑事に追われて結局本を開かずじまい……ということにもなりかねません。

読書を習慣化したいなら、毎日同じ時間帯に本を読むのが重要です。“朝起きてすぐの10分”、“昼食後の10分”、“就寝前の10分”など自分のライフスタイルに合わせて読書タイムを確保しましょう。

10分というと短いようにも思えますが、時間が限られているからこそ読書に集中でき、「また明日も読みたい」という気持ちを高める効果があるようですよ。

(3)通勤カバンに同じ本を入れっぱなしにしている

「時間ができたら読もう」と思いつつ、通勤カバンに同じ本が入れっぱなしになっていないでしょうか?

「そのうち」と思いつつ、ずっと読んでいない本があると、読書に対する苦手意識がどんどん積もっていきます。通勤カバンに入れる本は毎日チェンジして、その日のうちに読み切るようにしましょう。

「そんな1日1冊も読み切れない!」と思うのは、(1)でも述べた“熟読の呪い”にかかっている証拠。“1冊を完璧に理解しよう、覚えよう”と躍起になるのではなく、“たくさんの本から1%の情報を集めよう”という気軽な感覚で読書に臨みましょう。

 

いかがでしたか? なかなか読書の習慣が身に付かない……という人は、読書という行為を難しくとらえすぎているのかもしれません。

心も財布も豊かにしたい方は、まずは毎日10分間パラパラ読み習慣からぜひ始めてみましょう!

(ライター 中田綾美)

 

【関連記事】

※ 苦労する宿題1位!? 「読書感想文の書き方」のポイント4つ

※ あてはまると一生貧乏!? お金持ちになれない人の残念な考え方6個

※ 驚くほどシンプル!世界の億万長者がやっている「小さな節約術」5つ

 

【姉妹サイト】

※ 夫にどう呼ばれてる?「ウチの嫁or奥さん」が間違っているワケ

 

【参考】

※ 20 Things the Rich Do Every Day - Dave Ramsey

※ 印南敦史(2016)『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)