20年後の未来を描く「Innovative City Forum2016」 開催決定!【10月19日〜20日】

写真拡大

Innovative City Forum2016が10月19日より虎ノ門ヒルズで開催される。20 年後の都市とライフスタイルを考える本フォーラムには、東洋大学教授の竹中平蔵やMITメディアラボ所長の伊藤穰一が登壇する。

「20年後の未来を描く「Innovative City Forum2016」 開催決定!【10月19日〜20日】」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Innovative City Forum2016」は10月19日(水)、20 日(木)に虎ノ門ヒルズで開催される。これまでの開催でも、都市とはイノヴェイションの拠点であり、新しいライフスタイルを提唱する場所であるという共通認識のもと、イノヴェイションの担い手であるクリエイティヴクラスを育むには、「テクノロジー」、「アート」、そして「都市空間」の3要素が重要であるというコンセプトで議論が重ねられてきた。バイオテクノロジーやデザインの再定義、メディアアートやバイオアートなど、様々なテーマに携わる国内外のキーマンが集い、未来を描く新たな視点が提示されてきた。

INFORMATION

今年で4回目となるICF2016は、キーテーマとして“Shaping Mirai Tokyo”を掲げた。リオオリンピックが終わり、2020年に開催される東京オリンピックに向けていよいよ動き出した東京。大きな変革が訪れるメガシティ東京の20年後の未来にフォーカスした特別なセッションも開催される。

19日に開催される「キーノートセッション」では、オーストリアのリンツで毎年開催されている芸術祭・アルスエレクトロニカの総合芸術監督ゲルフリート・ストッカー、グーグルのプリンシプル・サイエンティストであるブレイス・アグエラ・ヤルカス、ヘザウィックスタジオの創設者であるトーマス・ヘザウィックがそれぞれ基調講演をする。

関連記事なぜアルスエレクトロニカは、21世紀に「都市」を問うのか

いまよりも美しい未来はつくりだせるのか。建築家のトーマス・ヘザウィックが、生物からヒントを得たという5つの独創的なプロジェクトを紹介している。

「先端技術セッション」として、MITメディアラボ所長の伊藤穰一がモデレーターとなり、Session 1では「人工知能との共生」をテーマにソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長の北野宏明、グーグルのブレイス・アグエラ・ヤルカスとともに未来の都市生活を描く。

Session 2では、「ニューメタボリズム:創造性のクレブル回路」をテーマに、伊藤と同じMITメディアラボのメディアアート・サイエンス学部准教授のネリ・オクスマンが登壇。日本の若手建築家や都市計画家グループが開始したメタボリズムが、50年のときを経て新たなメタボリズムとして蘇ろうとしている現状を語る。

関連記事東京に多様性と複雑性を:伊藤穰一のバイオシティ構想

JOI ITO︱伊藤穰一  MITメディアラボ所長。デジタルガレージ共同創業者/取締役。ソニー社外取締役。PureTech Health取締役会議長。The New York Times、Knight財団、MacArthur財団、Mozilla Foundationのボードメンバー。文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」ガヴァニング委員会委員。慶応義塾大学SFC研究所主席所員。昨年開催されたICF2015では、「新メタボリズムの可能性」について語った。

「アート&クリエイティブセッション」では、森美術館館長の南條史生をモデレーターに迎え、Session1「宇宙、その極限環境に生きる」では、宇宙に象徴される極限環境で人がいかに生きるかという命題から、未来のわたしたちのライフスタイルを読み解く。現代アーティストのトム・サックス、ゲノム料理センター創設者のザック、NASA火星基地コンセプト設計コンペで1位になった建築家グループから曽野正之、メロディ・ヤーシャーが登壇する。

Session2では国際交流基金アジアセンターセッションとして、「未来のアジアのライフスタイル〜歴史、文化、環境からの発想〜」をテーマに、アジアの近代の歴史の蓄積の中から、建築家、アーティストなどの様々な事例を紹介し、未来のライフスタイルを探る。ジョージタウン世界遺産公社アン・ミン・チー、ベトナムの建築家ヴォ・チョン・ギア、アーティスト柳幸典が登壇する。

関連記事なぜいま都市は「デザイン」を必要としているのか:森美術館館長・南條史生

Unknown

昨年のICFでのプログラムコミッティ4名によるクロージングセッション。

開催2日目となる20日には、今年のキーテーマ“Shaping Mirai Tokyo”を議論する「未来東京セッション」が行われる。東京が持つ様々な課題を克服した後の未来の東京を思い描き、多分野から招聘されたリソースパーソン16名と参加者が共にブレインストーミングを行う。Future Living、Future Work、Future Mobility、Future Entertainmentをテーマに、2035年の東京のライフスタイルについて議論する。

ICF2016は日本政府主催の「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」とも連携している。国内外の経営者ら600名が集う21日開催の官民ワークショップでは、竹中平蔵、伊藤穰一、南條史生、市川宏雄ほか、ICF登壇者たちがパネリストとなり「Future Tokyo as Innovative City」を議論する。

また、ICF2016はWIREDとも連携。 19日に虎ノ門ヒルズで未来都市の重要な最新ファクターを紹介するWIRED CONFERENCE「Future Days2016」が同時開催される。

プログラムの詳細は Innovative City Forum2016公式サイトで発表されている。

INFORMATION