写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは9月9日、JR名古屋駅の太閤通口にある「銀の時計」前に、55V型のインフォメーションディスプレイ「PN-V551」を縦3台、横6台の合計18台組み合わせた大画面マルチディスプレイを納入したと発表した。

マルチディスプレイの横幅は約7.3m、縦も約2.1mあり、中京地区に設置されているデジタルサイネージとしては最大級となるという。横に広いため、2画面同時表示も可能であり、待ち合わせスポットとしても人気の同地にて、さまざまなコンテンツを表示することで、新幹線の乗客や駅の利用者に対する高い訴求力が期待できるという。

なお、同マルチディスプレイは2016年10月3日から、運用が開始される予定である。

(小林行雄)