8日、20年ぶりに台湾で上映される映画「Love Letter」のヒロインを演じた中山美穂が、台北の映画館に姿を見せてファンを喜ばせている。写真はウー・ズーユン。

写真拡大

2016年9月8日、20年ぶりに台湾で上映される映画「Love Letter」のヒロインを演じた中山美穂が、台北の映画館に姿を見せてファンを喜ばせている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

台湾では96年に公開され、大ヒットを生んだのが岩井俊二監督の純愛映画「Love Letter」だ。ファンの熱い期待に応え、今月9日から台北市をはじめ台湾各地の10館で20年ぶりに上映されることに。この作品でヒロインを演じた中山美穂が8日、台北市内の映画館でパネルをバックに写した写真をインスタグラム上で公開。台湾のファンにとって大きなサプライズとなった。

純愛映画の最高峰として、「Love Letter」は今でも台湾で根強い人気を持つ。人気小説家で、今年ヒットした映画「At Cafe 6」を生んだ映画監督でもあるウー・ズーユン(呉子雲)のペンネームは「藤井樹」。これは「Love Letter」の主人公の名前を借用したものだ。

「Love Letter」の台北プレミアに出席したウー・ズーユンによると、ペンネームの由来はもちろん「この映画が好きすぎるから」とのこと。ペンネームについては岩井俊二監督もすでに知っており、監督本人に対して勝手に借用したことを謝罪すると、「作家の名前にはピッタリだ」と温かい言葉をかけてもらったという。(翻訳・編集/Mathilda)