ドロドロの愛憎劇が主流だった イラスト/トモリタクヤ

写真拡大

 今年3月、東海テレビ制作(フジテレビ系)の「昼ドラ」が52年の歴史に幕を下ろした。1964年放送の『雪燃え』を皮切りに作品数は214。お茶の間の主婦に向けて作られ続けた昼ドラは、彼女たちにどんな影響を及ぼしたか。フリーライターの大木信景氏が振り返る。

 * * *
 昼ドラと聞いて誰もが思い浮かべるのが小沢真珠の顔、いや『牡丹と薔薇』(2004年)に代表される愛憎劇だろう。

 小沢が目をひん剥いて言い放つ。「役立たずのブタ!」「あんたなんて牡丹じゃなくてブタよ!」。

 嫉妬により「狂牛病が心配だからよ〜く焼いたのよ」と夫に出したのは「牛革財布ステーキ」。もちろん夫へのエクストリームな当てつけだった。

 美少年をめぐる女同士の争いを描いた1966年の『女の顔』からすでにそうした作風は見られ、70年放送の南田洋子、中尾彬出演の『乱れそめにし』では義理の母子関係である男女が結ばれるという激しい愛が描かれている。

 当時は高度経済成長期、亭主元気で留守が良い。とはいえ娯楽も多くもない時代。男と違って刺激の少ない日々を送る主婦にとって旦那が居ぬ間のお昼どきは「いけないこと」を擬似体験するには格好の時間だった。80年代後半には『愛の嵐』『華の嵐』『夏の嵐』と立て続けにヒットドラマを連発、嵐三部作と呼ばれた。以降の東海テレビ作品は、愛憎蠢く「ドロドロ」が主流となっていく。

 ヒット作を作るということは視聴習慣を作るということである。昼ドラのように「枠」であればなおさら。昼ドラは主婦の憩いの場で在り続けた。夫や子供がいない時間を使って、非日常感を伴う快楽のモデルを提示した。人の心の闇、醜い部分をデフォルメした昼ドラに、自らの暗い情念を刺激された主婦は多いのではないか。

 そしてそれが社会現象として広く知れ渡ると、今度は男たちをも刺激する。つまり、男にとっても「人妻」が都合よき性の対象に映るようになり、共犯関係の前提たる共感関係が成立したのである。昼ドラの罪は大きい。

 不倫という言葉や携帯電話が飛躍的に普及し出会い系サイトが繁盛したのもこの時代。行動に移すツールも身近になった。ただし、この頃までだったと思う。主婦たちにとって、ドラマが欲求解消の代償物として機能したのは。

 2010年代に入っても昼ドラの過激路線は続いた。三倉茉奈が売春婦を演じた『赤い糸の女』、田中美奈子主演で「女は愛を奪い合う」がキャッチコピーの『幸せの時間』など、昼帯にもかかわらずダブル不倫やストーカー、過激描写をこれでもかと描いた。AV顔負けの過激な性的描写は放送直後から「過激すぎる」との抗議が寄せられたほど。でも、視聴率は振るわなかった。

 昼ドラが現実の遥か先を行ってしまったのか。

 いや、違う。もちろん、現実の主婦の欲求がドラマを超えたなんてわけでもない。昼が主婦の聖域ではなくなった。現役世代の平均年収は下降線を辿り、国は「1億総活躍」を訴えた。主婦たちは世で働くことを求められた。「背徳感」を求める女性が少なくなったとは思えない。ただ、よりリアルで安易になったのだ。

 以前、女性向けのアダルトサイトの運営元を取材した際、午前9時〜10時頃に最もアクセスが伸びると聞いて驚いた。夫が出勤し、子供も送り出したタイミングで、サイトにアクセスし、自慰行為や男性とのチャットに励む女性が多いという。

 テレビが彼女たちを拘束できる時代は終わった。ネットやスマホがあれば時間や場所とは無関係に、各々の性的嗜好に傾倒できる。主婦たちの欲望はいま、完全にテレビから離れた。

 しかしその情欲は、紛れも無く昼ドラが育んだものだった。

※SAPIO2016年11月号