巻き髪を長時間キープする方法

写真拡大

朝きちんと髪を巻いてきたはずなのに、時間が経つと巻きが緩んできてしまった…なんて経験ありませんか。
実は、少しの工夫で巻き髪を長時間キープさせることができるのです!
今回は巻き髪を長時間キープさせるコツをご紹介します。

巻き髪を長時間キープする方法とは?

まず朝シャンをする人は、きちんと髪の毛を乾かすところから始めないといけません。朝シャンをしていない人は問題ありませんが、髪の毛が乾いていない状態だと、クセが出てしまい巻き髪が綺麗に整わないという問題もあるので注意しましょう。

巻き髪アイテムを正しく活用する

巻き髪はハードワックス等を使用している方も多いと思いますが、実際にはカール専用のスタイリング剤を用いる方が長持ちします。
そしてここでポイントなのが、「髪の毛の表面だけではなく、内側にも」きちんとスタイリング剤を馴染ませることです。
これによって巻き髪のキープ時間が変化するので、しっかり行いましょう!

巻き髪のちょっとしたポイントを押さえる

髪の毛をカールする際に、全体にウォータータイプのスタイリング剤(或いは少し髪の毛をぬらす)をさっとふりかけ、その後に髪の毛をコームで綺麗に整えていきます。
その後、ドライヤーでしっかりと乾燥させましょう。このステップを丁寧に行うことで、巻き髪がキープされやすくなります。

イメージ的には「アイロン」と同じで、事前にさっと霧吹き(アイロン剤)を吹きかけて、アイロンを行うとピンっと綺麗な状態になるのと一緒です。

巻き髪後の注意とポイント

コテでしっかりと巻いた後に、軽くほぐす方がいますが、それはやめておきましょう。
一度カールをそのままにし(髪の毛の温度が下がるまで)様子を見ましょう。
こうすることでカールが固定され、より巻き髪がキープされます。
多くの方が髪を巻いた直後にふわっとほぐしたり、髪の毛を触りますが、この行為がキープを弱める原因になるので注意しましょう。

綺麗な巻き髪を作るには

巻き髪を綺麗に整えるには髪の毛の量でさっと調整するのではなく、使うコテの太さを選んで使うと綺麗に整います。
また顔周りを行う際は、巻きたい方向などをヘアクリップ等でしっかりと固定し、その上で小分けして行うと上手に出来るようになります。

最後にナチュラルなエアリー感を出したい場合はナチュラルワックスでさっと整えてあげると表面をコーティングすることが出来てより綺麗に見えるようになります。

巻き髪がすぐとれてしまうという方は、是非試してみてください!