ウェザーニューズ「全国の紅葉見頃予想」 いろは坂は10月××日頃から

写真拡大

 秋の行楽シーズンで楽しみなものの1つである“紅葉狩り”。事前に計画を立てたはいいが、見頃を外してしまっては何もならない。そこで、活用したいのが、ウェザーニューズの「全国の紅葉見頃予想」。全国750カ所の名所ごとの見頃予想などをスマホアプリなどで見ることがる。

 それによると、北日本や東日本の高い山では残暑の影響で昨年より1週間前後遅くなるものの、10月〜11月の気温が平年並みとなる東日本〜西日本では例年並みの時期に見頃を迎えるという。代表的なスポットでは、山形蔵王(山形県)は10月8日頃から、いろは坂(栃木県)は10月20日頃から、嵐山(京都府)は11月18日頃から。例年12月に見頃を迎える関東などの市街地ではいつもより少し早めに色付く見込みだ。

 一方、色が鮮やかになるためには、日差しと雨が適度にあり、気温がしっかりと下がることが条件になる。東日本〜西日本を中心に今年の秋は、天気が周期変化する予想となっているため、十分な日照や雨、朝晩の冷え込みが期待でき、鮮やかな紅葉が期待できそうだ。