パフォーマンスで有名

写真拡大

米アメリカ・シカゴのロックのライブ会場であったハプニングを「小倉の新着ニュース」コーナーで紹介した。8月22日(2016年)、人気バンド「PEARL JAM」の演奏で盛り上がっている最中に、突然、男性ボーカルのエディー・ウェダーがストップをかけて観客席を指差した。

「おい、女性の顔から汚い指を離せ。退場だ。出ていけ」

セクハラをしていた男を一喝する。警備員が駆けつけて男をつまみ出した。

会場からは拍手が起きた。エディーはピースサインをして、「大丈夫かい。もう安心だ」「彼女も彼女を守ろうとした彼氏もりっぱだぜ」と言い、何事もなかったように演奏を再開した。会場のボルテージはさらに上がったのは言うまでもない。

米国では人気の老舗ロックバンド

「PEARL JAM」は結成26年の全米で人気のバンドで、アルバムの売り上げが6000万枚を超す。

司会の小倉智昭「日本では知られていないですが、米国では凄い人気ですよ。エディーはステージパフォーマンスで有名なんです。さすがだねえ」

内野泰輔アナ「エディーは相当個性的な人で、過去には戦争反対のスピーチをやったこともあるそうです。かっこよかったですよね」