走行中に足を運転台に乗せていた新幹線運転士の映像がツイッターに投稿され、JR東海は「極めて不適切」と処分を検討している。東京発新大阪行き「こだま」を運転していた名古屋運輸所所属の運転士(29)で、6日(2016年9月)午後1時55分ごろ、掛川―浜松間を走行中の約10秒間、運転台に足を乗せていた。運転士は「足を伸ばして楽な姿勢を取りたかった」と話している。

本上まなみ(俳優)「もちろんやっちゃいけない行為ですが、ツイッターってすごいなと同時の思いますね」

コラムニストの犬上紙子「見たら不安に思いますよね。ちゃんとしてほしい」