―― 錦織圭がフォアハンドストロークを逆クロスへ力強く打ち放ち、果敢にネットへ向かう。アンディー・マリーの球威に圧されながらクロスへ打ち返したバックハンドのパッシングショットはネットに掛かった。錦織はマイケル・チャンコーチらがいる選手関係者席のほうへ振り返り、表情を崩さず、つぶらな瞳を見開いたまま右手で勝利のガッツポーズをつくった。

 US(全米)オープンテニス準々決勝で、第6シードの錦織(ATPランキング7位、8月29日付け、以下同)は、第2シードのアンディ・マリー(2位、イギリス)を、1−6、6−4、4−6、6−1、7−5で破って、2年ぶり2度目の準決勝に進出した。

 錦織のフルタイムツアーコーチであるダンテ・ボッティーニは、「アメージング! アメージング! この勝利は、圭にとって非常に重要なものです。素晴らしいテニスをしましたね。僕もとても嬉しいです」と顔をほころばせた。

 錦織の立ち上がりは決して悪くなかったが、第1セット第4ゲームで錦織がサービスブレークを許してからミスが目立つようになった。

「出だしはあまりよくなかったですね。かなりアンフォースドエラーが出てしまった。自然と焦ってしまったのか、ちょっとしたミスがすごく多かった」と錦織は振り返った。

 第2セット第7ゲーム40−30の場面で、降雨によって約20分の中断があり、センターコートの屋根が閉められた。錦織にとっては中断中にコーチたちと話す機会ができ、恵みの雨となった。

「屋根が閉まってから、圭はよりポイントをコントロールしてきた。リターンが少しずつよくなり始めて、僕より少しベースラインの近くでプレーして、ボールを打ってきたので、より走らされた」(マリー)

 リズムを取り戻し始めた錦織がベースライン付近からストロークを打ち、特にフォアハンドストロークで主導権を握ると、マリーはベースライン後方2〜3mに下がらされ守勢に回った。こうしてネット近くにできたスペースに、錦織はタイミングよくドロップショットを放ち、マリーを前後に揺さぶった。

「ミスがなくなってきて、セカンド(セット)を取って、ちょっとずつよくなり始めてから、かなり自信をもってプレーをした。3セット目を落としても、いつかチャンスはまた来ると思ってプレーはしていたので、2、3セット目ぐらいからかなり自分を信じてプレーできていました」(錦織)

 今までのマリーと違って硬くなっていることを錦織は感じていた。ゲームをコントロールしていたのは錦織で、ファイナルセットで第1、第5ゲームをブレーク。しかし、錦織4−3で勝利が近づいた第8ゲームで、40−0からマリーにブレークを許してしまう。それでも「なるべく落ち込まないように、常にポジティブにいるように意識した」という錦織は、お互い2ブレークで迎えた第11ゲームで、30−40からフォアドロップショットとフォアの飛びつきボレーで、再びブレークに成功。悔しがるマリーは、思わずラケットをネットに叩きつけた。

「僕が挑戦者だし、思い切ってプレーできた」と語った錦織は、60本のミスを犯したが、集中力を高く保ってプレーし、24本のフォアハンドを含めた48本のウィナーを打ち込み、3時間58分の激闘の末、強敵マリーから2度目の勝利をもぎ取った。

「十分にサーブがキープできなかった」と振り返ったマリーは、セカンドサーブのポイント獲得率が試合全体で39%だったが、特に第4セットは21%、ファイナルセットは37%と低く、いかにリターンから錦織が果敢に攻めたかがうかがえる。今までのマリーとの対戦ではあまりなかったが、錦織はマリーのサーブを9回もブレークすることができた。

 また、試合前にファーストサーブが重要だと語っていた錦織は、ファーストサーブの確率が60%、ファーストサーブのポイント獲得率は72%。リターンが得意なマリーを相手にしたことを思えば、上出来だった。

「やっぱりファースト(サーブ)の確率を上げたいと思っていた。攻められる場面は多々ありましたけど、大事なところで、しっかり深いサーブだったり、球種を交ぜて打つことができた」

 屋根の閉まった新アーサー・アッシュスタジアムで日本人選手として初勝利を挙げた錦織は、2014年USオープン以来、グランドスラムでは2度目の準決勝を戦う。対戦相手は、第3シードのスタン・ワウリンカ(3位、スイス)に決まった。対戦成績は錦織の2勝3敗で、直近の対戦は7月下旬のマスターズ1000・カナダ大会準決勝で錦織が勝利。また、2年前のUSオープン準々決勝でも錦織がフルセットで勝っている。

 グランドスラムの舞台で初めてマリーを破った意味は、26歳の錦織にとってとてつもなく大きい。マリーは、2016年のオーストラリアン(全豪)オープンとローランギャロス(全仏)で準優勝し、ウインブルドンチャンピオンなのだ。その彼に勝って、トップ2選手からの連敗を12で止め、錦織は悲願のグランドスラム初制覇を実現できる実力が備わっていることを、あらためてニューヨークで示した。

「もちろん疲れはありますね。翌日になって(体の)反応を見ないとわからないですけど、そんなに悪くはないと思う。自分の体を戻すのが最優先」

 マリーに勝利してUSオープン初優勝への第一関門を突破した錦織だが、強敵との対戦は続く。2年前のUSオープンで錦織が発言した「もう勝てない相手はいない」ことを、今一度、彼自身がコートで証明する時が訪れている。

神 仁司●文 text by Ko Hitoshi