『キセキ ーあの日のソビトー』ティザーポスター (C) 2017年「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

写真拡大

松坂桃李と菅田将暉W主演でGReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を描いた『キセキ ーあの日のソビトー』。この映画の特報映像とティザーポスターが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『キセキ ーあの日のソビトー』特報

本作は、歯科医師とアーティストを両立し、顔出し一切なしの異色ボーカルグループ GReeeeNの名曲「キセキ」誕生のバックボーンとなる、ある兄弟の物語。GReeeeNのプロデューサー・JIN(ジン)を演じる松坂と、JINの実の弟でGReeeeNのリーダー・HIDE(ヒデ)に扮する菅田が、迷い、衝突しながら前進していく姿を描きだす。

解禁となった特報映像は、ジンがヒデのレコーディングを「魂をこめて本気でやれよ」と一喝するシーンからスタート。「これは本当にあった──奇跡の物語」というテロップの後、名曲「キセキ」が流れはじめ、「お前は歯医者になるんじゃなかったの?」と問いただすジンと、「歯医者にはなるよ」と答えるヒデとのやりとりが映し出されていく。

また、ヒデの思いと音楽の才能を知ったジンが、厳しい父親に内緒で歯医者と歌手を両立させるために、レコード会社の担当者に「曲がよければ顔なんて出さなくても売れますよ」と顔出し無しの活動を掛け合うシーンや、覆面でのデビューが決まり、喜ぶメンバーたちの姿も。

ほかにも「続けたくても続けられないやつもいるんだぞ」というジンのセリフや、「今まで好き勝手やってきた兄ちゃんにそんなこと言われたくねぇ…」というヒデのセリフなど、決して順風満帆ではなかった軌跡と、それを乗り越え奇跡を起こしていく様子が綴られていく。

同時に、ジンとヒデの2ショットに、「進め、オレたち。」とコピーが入ったティザーポスターも公開! 映画『キセキ ーあの日のソビトー』は2017年1月28日より全国公開となる。