野村不動産(東京都新宿区)は2016年10月22日、「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(以下IWC)2016受賞プレミアム日本酒試飲会」を東京・日本橋で開催する。


昨年の様子

IWCは30年以上の歴史を持つ世界最高権威のワイン品評会で、2007年には「SAKE部門」が設けられた。

今年で6年目を迎えるIWC公認の日本酒試飲会イベントには、上位入賞の日本酒が一堂に集まる。

その年最高の日本酒に与えられる称号「チャンピオン・サケ」を獲得した、山形県・出羽桜酒造の「出羽桜 出羽の里」をはじめ、普通酒、本醸造酒、純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸酒、大吟醸酒、古酒、スパークリング酒の9つのカテゴリーで優秀賞を受賞した日本酒を中心に30以上の銘柄を試飲できる。


IWC2016の一幕

試飲会は10月22日、YUITO 日本橋室町野村ビル6階ホールで開催される。1部は14時から15時30分、2部は16時30分から18時。完全入替制で、いずれも定員は250人。

参加は事前申込のチケット制でチケットぴあ、またはe+から。参加費は3500円。