「もろきゅう」を作っているだけの動画が、日本内外から注目を集めています。

後ろにあるまな板にもぜひご注目ください。

1本のきゅうりを取り出した板前さん。

気持ちがいいほどの包丁さばきで、きゅうりを切っていきます。

次はきゅうりが扇のような形に。

サクッサクッと切り込みを入れると、今度はお花のような形に。

今度はどんな技が…?

最後に残ったきゅうりは、表面をうす〜くむきます。

その後、再度お花のような形に切られて…

あっという間に完成!

まるで芸術作品のような「もろきゅう」ができあがりました。

その素晴らしい技術を、実際に動画でご覧ください。

1本のきゅうりをここまでの料理に仕上げてしまう技術…すごい!

そして後ろのまな板に残っているのは、冒頭に少しだけ切ったきゅうりの皮のみ。

食材を余すところなく使い切っています。

もったいないの心と、刀を振るうような包丁さばき。

世界に誇れる日本の職人の技術でした。

 

【関連記事】
◎最後に「はっ?」てなる。職人の町、新潟県燕三条の金属加工技術がハンパない!
◎【これぞ日本の芸術】食べるのがもったいなくなるほど美しい『うちわ飴』が大人気♪

 

記事提供:@heaaart

出典元:まぐまぐニュース!