フレグランスを持ち歩くという新発想

写真拡大

アウトドア用品などを手掛けるカーメイト(豊島区)は、近畿大学(東大阪市)の名誉教授、宮澤三雄が開発した携帯用スティック型フレグランス「テクノアロマ(R)」シリーズを2016年9月6日から順次発売する。携帯用フレグランスとしては世界初となる「機能性香り分子(=機能性アロマ)配合」を謳うが、一体どんな商品なのか。

機能性アロマはこれまで香りに関する研究・開発に携わってきた宮澤教授が開発した香料のことで、「物忘れなどの進行を抑制」、「脳機能の活性化」といった特定の機能が期待される植物由来の揮発物質を含んでいる。

テクノアロマ(R)は機能性アロマ成分を携帯用フレグランスに活用した商品で、3種類を展開する。第一弾は香りを嗅ぐことで気分を明るく前向きにし、理解力や集中力の維持をサポートする「テクノアロマスティック はつらつ」。「いつまでも健康ではつらつとしていたい」というシニア層がターゲットで、優しいヒノキの香りを採用した。そのほか、試験勉強や運転中など用途に合わせたリフレッシュ効果が期待できる「集中」、「集中ドライブ」を順次発売する予定だ。アロマを手軽に持ち運ぶ、という新しい楽しみ方を提供する。価格はオープン。