「あとでやる〜」は決してうそではなかった!? 子どもを動かすために必要な親の「技」とは?(※イメージ写真)

写真拡大

 1日中「宿題早くやりなさい!」「早くお風呂に入りなさい!」「早く明日の準備しなさい!」と子どもを急かし続けていていやになる……そう感じている人は少なくないでしょう。早くやらないと困るとわかっているのに、子どもはなぜやらないの?そんな親の素朴な疑問に答えているのが『AERA with Kids 秋号』(朝日新聞出版)。さらに、親がうるさく急かさなくても子どもが動くさまざまな方法を紹介しています。

*  *  *
「早くしなさい!」と言うと「わかってるよ〜」「あとでやる〜」というのは子どもの定番の返事。親はこの返事についイラッとしてしまいますが、教育評論家の親野智可等先生は、子どもをこう弁護します。

「子ども自身は、宿題も学校の準備も習い事の練習も、一応やるつもりなんです。だから親からの催促に『わかってるよ〜』と返事をするのです。けれど、大人のような時間感覚が子どもにはない。学校から帰ってから翌日の登校まで、漠然と長〜い時間があるように感じています。『あとでやる〜』という言葉にうそはなく、あとでやる時間がちゃんとあると子どもは本気で思っているのです」

 では、子どもの時間感覚とはどんなものなのでしょうか? 実はこの時間感覚にこそ、親が「早くしなさい!」と言っても子どもが動かない理由があるのです。

【1】放課後から翌朝登校までの間にいくらでも時間があると思っている

 大人のような「寝るまでに3時間しかない」といった時間感覚が子どもにはありません。次の朝までには長〜い時間があると思っているのです。これは低学年だけでなく、中学受験を控えた高学年も同じこと。

 プロ家庭教師の安浪京子先生は、こう言います。

「親御さんが『受験まであと半年もないのよ!』と言ったところで子どもにはまるでピンと来ていない……ということがよくあります。子どもは時間は無限にあると思っているのです。たとえば、年間カレンダーを用意し、終わった日をマーカーで消していくと、『あとこれだけしかないんだ!』と子どもは目で見て確認することができます。毎日の勉強も同じ。1週間の時間割を作って、『塾の宿題をやる時間はこれだけしかない』といったことが目で見てわかるようにすることが大切です」

【2】やるべきことの全体量が見えていない

 漠然とやることがいろいろあるのはわかっている。けれど「宿題、ピアノの練習、テレビ、明日の準備……」と具体的にはわかっていない。親野先生はこうアドバイスします。

「たとえば、帰宅後にやることをホワイトボードに書き出してみるといい。このように『見える化』することで、始めて子どもは自分がやるべきことが理解できるのです。最初は、やることを書き出して、マグネットなどで『まだ・終わった』がわかるようなシステムにするといいでしょう。習い事や塾などが増えてきたら、放課後の時間割を習い事のある日、塾のある日、なにもない日、などいくつかパターンに分けて時間割を作ってもいいでしょう。こつは、就寝時間は一定にして、何をいつやるかはできるだけ子どもに決めさせること。子どもが『自分で考えて決めた』と思えることが大切です」

【3】「目の前の瞬間」にしか意識を向けられない

 目の前のことに「あ、やらなきゃ」という飛びつくことの繰り返しが、子どもの時間感覚。5分先を考えて動くことさえ、子どもにとっては難題。

 宿題になかなか手がつかないのであれば、取りかかりやすいように親が宿題をテーブルに出して、ノートを開いて伏せておいてあげてもいい。そこまで親がやる必要がある?と思うかもしれませんが、これも「見える化」のひとつ。

【4】この時間で何をどのくらいできるのか、の時間感覚がない

 出かけるまで20分とわかっていても、その時間で服を決めて着替え、帽子を探して……と何ができるか、どのぐらい急ぐべきかがわからない。

 例えば、朝の支度にもどれぐらい時間がかかるかわからない……そんなときは、何にどのぐらいかかるのか、タイマーを使って親子で時間を計ってみることを提案するのは、子どもの時間管理のワークショップを開催している高取しづかさん。例えば、洗面の時間、朝ごはんの時間、着替えの時間など一度計るだけでも、「これくらい時間がかかるんだ」と時間感覚が持てるようになるといいます。

 何かと忙しい現代の小学生。親はつい「ウチの子はなんでサクサク動けないのかしら?」と嘆いてしまいますが、「子どもが時間通り動かない」「やるべきことをすぐにやらない」というのはごく当たり前の習性だということがわかります。だからこそ、親の「技」が大事になってきます。

 本書ではそんなお母さんたちの「すご技」も多数掲載。新学期、改めて子どもの時間管理を見直してみては?