襲われた女性を守るため戦った野良犬、5回も刺され重傷を負うも奇跡的に回復

写真拡大

名前もわからない野良犬が女性を襲った男と戦い、ひどいケガを負いながらも一命をとりとめたというエピソードが話題となっている。

5回もナイフで刺され重傷を負う

その野良犬とはアメリカのジョージア州、Baldwinという街をさまよっていたオスのピットブル。

彼は7月22日、女性が男から暴力を振るわれている場面に遭遇。犯人の男に飛びかかり、女性を救おうとしたという。

しかし男は野良犬に対し、ナイフを取り出して応戦。結局、ピットブルは5回も体をナイフで刺され、瀕死の重傷を負ってしまう。

死にかけた状態で病院へ搬送される

通報により駆けつけた2人の警察官は、現場で血にまみれた犬を目撃。すぐに動物病院へと搬送した。

YOUCARING

YOUCARING

そのうちの1人、Baldwin警察のTimothy Clayさんは地元メディアのWATEに対し「私たちはその犬を苦しませ、死なせたくはないと思いました。とにかくその犬になんらかの助けが必要だと感じたのです」と答えている。

病院ではすぐに手術を実施。その間もピットブルは苦しみ、もはや死ぬ寸前だったという。

しかし獣医らの懸命な治療によって無事、手術は終了。

幸いにも彼は一命をとりとめ、やがてテネシー州のKnoxvilleという街にある動物愛護団体「Fighting for the Bullys」へ預けられることに。

名前を与えられ、新しい飼い主のもとへ

団体の設立者であるCarla Welchさんは、寄付を募ってピットブルの手術費用を払い、その後も看病を継続。結果、彼は見事に回復する。

さらにWelchさんはピットブルに「ヒーロー」という名前を与え、彼のための新たな飼い主を探し続けたそうだ。

そして先日、ついに「飼いたい」という女性から連絡が。その後9月1日に、ヒーローはSarah Simpsonさんという女性の元へ無事引き取られたという。

Facebook/Carla Patton Welch

Facebook/Carla Patton Welch

Welchさんは世話した当時を振り返りながらも「彼は(つらいことも)全てを受け入れてきたのです。今やすっかり健康です。彼は皆を愛しています。本当に素敵な子なんです」と涙ながらに語った。

人懐っこくて、人間が大好きだとされる「ヒーロー」。だからこそ彼は、襲われた女性を助けようとしたのかもしれない。