大人は、1日平均7〜9時間の睡眠をとったほうがいいと言われていますが、世界の中でも「睡眠時間が短い」と言われる日本人は、きちんと休めていないのではないでしょうか。

眠ることは私たちの活力に関わるのはもちろん、うまく睡眠がとれていない影には、他のもっと重大な病気が隠されている可能性もあるのです。女性ライターのNicole Cannizzaroさんが「Little Things」にまとめていた、睡眠習慣別のサインが参考になるかもしれません。

01.
アラームがなければ
12時間以上寝れる

目覚まし時計をセットしていないときは、12時間以上も寝続けてしまう…。そんなあなたは甲状腺機能の低下や感染症の可能性が考えられますーーなんて書かれています。恐い…。

甲状腺機能低下症は60歳以上の女性に多い病気で、加齢が原因だと見過ごされるケースが多々あります。体重の増加や疲れが表に出ることもあるとか。

02.
寝た時間に関係なく
同じ時間に目が覚めてしまう

これは概日リズム睡眠障がいと呼ばれるもの。これが狂っていると、実際に必要な睡眠に関係なく、目が覚めてしまうことがあるそうです。

「Prevention」によると、改善の鍵はメラトニンの分泌量。人工の光は制限するのが吉とも。

03.
起きた直後から
疲れている

この場合、あなたは睡眠時無呼吸症候群や、うつ病の疑いが。 

睡眠時無呼吸症は、寝ている間に呼吸が止まってしまう病気です。アメリカでは睡眠時無呼吸症候群と診断されたひとは3,000万人にものぼりますが、なかなか自分で気づきにくいため、隠れた患者はまだまだいるのではないかと言われています。

04.
テレビを見ながらじゃないと
寝れない

毎晩、寝るときにテレビを見たくなってしまうのは「ストレス」のサインかもしれません。くつろぎタイムの習慣としてテレビを見る人も多いかもしれませんが、「Prevention」によれば、その間ストレスホルモンが増加する傾向に。

05.
途中で目が覚めたとき
再び寝つけない

レストレスレッグス症候群(RLS)の疑いがあるかもしれないようです。これは、脳内の化学物質に異常がある場合に起こるようですが、まだはっきりとした原因はわかっていません。

睡眠時無呼吸症や脳卒中、心臓発作などと関連していることも。

06.
気づいたら
トイレや冷蔵庫の前にいる

夢遊病やレム睡眠行動障がいの可能性があります。これは、レム睡眠のときに、見た夢の通りに行動してしまうこと。

夢の内容によっては近くで寝ている人に危害を加えてしまう恐れもあるため、注意が必要です。

07.
ずっと寝返りを打ったり
動き続けている

甲状腺が過剰に活動している可能性が考えられるそうです。

怖い映画を見た直後や、心配事があるときなど、一時的な理由で寝付ないとき、過度に心配することはありませんが、長く続くようなら要注意。著しい体重の低下など、表立った症状が出る場合もあります。早めに医師に相談したほうがいい状態かもしれません。

Licensed material used with permission by littlethings.com