ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつけたKFC、同じくトレーを音楽ステーション化したマクドナルド、そして、ピザ箱プロジェクターを配達して話題になったピザハットもご多分に漏れず。

イギリスで配達されるピザの箱が、なんとプレイできるDJ卓になっちゃいました。

ピザが届いたら、
DJパーティ!

「Pizza Hut Restaurants」は、グライムアーティストとして知られるRinse FMのDJ Vectraと、MC P Moneyと提携。使用されている楽曲はアルバム『Live and Direct』に収録されている『‘10/10’』。

Bluetoothでデバイスやアプリと連携して音楽を再生したり、スクラッチしたりできます。クロスフェーダーやピッチコントローラー、自動でテンポを合わせてくれるシンク機能もついていて、なかなか本格的。

詳しい説明は動画でチェックできます。

イギリス国内の5店舗で利用ができるそうです。基本的な使い方は下記の通り。

.丱奪謄蝓爾鯣△縫札奪函
Bluetoothでデバイスと連携。
serato」でアプリをダウンロード。
ぅ愁侫肇ΕД△鮖箸辰謄好泪曚離椒織鵑肇團競椒奪スを連携。
2曲を選んでミックス!

同社広報はこのようにコメント。

「音楽とフードは、究極のコンボです。私たちは、お客様が音楽を聞きながらピザを食べることを愛していると知っています。そこで、そのふたつを楽しんでもらえるものを、一番革新的な方法で生み出しました」。

ピザ箱にDJ卓の機能をつけたのはこれが世界で初めて。前回の、映画が見れるカードボードプロジェクターに次いで、今回は音楽。次はもしかしたら、ホバーボードが出ちゃったりするかも?楽しみですね。

Reference:GgFoxDailypost
Licensed material used with permission by Pizza Hut Restaurants UK