子どもの足の発育を考慮したキッズシューズ

写真拡大

ミズノは、子どもの足の発育を考慮したキッズシューズ「TINY RUNNER 4(タイニーランナーフォー)」を2016年9月10日に発売する。

足の発育には5本の足指すべてを使うことが重要で、バランスの良い姿勢や歩き方につながるという。裸足のように指を使って歩けるように、医師と一緒に考えた3つのアーチで指を正しく使えるようにサポートする中敷き「発育インソール」を採用。骨の筋肉が柔らかい幼児期から足指を使った運動を可能にすることで、健康な体づくりをサポートしてくれる。

新商品に採用した中敷き「発育インソール2」は3D設計が特長。両サイドを巻き上げるなど改良を施し、より足を包み込む形状を実現した。

カラーはピーチ、グレープ、チェリー、パイナップル、メロン、コーラ、ソーダ、ブルーベリー。サイズ12.0〜15.5センチ(1〜3歳くらい)。

価格は4860円。

また、「発育インソール2」を採用した、4歳から小学校低学年対象の「MIZUNO RUN KIDS 4」4968円(16.0〜21センチ)も同時発売する。

価格はいずれも税込。