皆さんは憧れの先輩っていますか? 会社の上司でも、学生の頃の先輩でも、いつもキラキラしていてまぶしい! という女性って必ずひとりはいますよね。同じ人間なのになぜこうもちがうのか……まねしようとしてもどこからまねすればよいのかわからない……なんて、頭を悩ませている方もいらっしゃると思います。
憧れの的になるというのは簡単なことではありませんが、意識を変える気持ちがあれば誰でもなれてしまうんです! そこで今回は「憧れの先輩になれる人の5つの特徴」をご紹介します。

1. いつも堂々としている

堂々としている女性は芯があり、自分に自信をもっています。自信はまわりにも伝わりますし、そういう女性ってカッコイイですよね!
イヤなことがあってもクヨクヨせず、こうなったらどうすればよいのか、頭を切りかえて対処できる女性はまわりからの人望もあついのです。

2. 「ごめんなさい」が言える

まわりから慕われる人ほど、どんな人にもどんな場面でも謝罪ができます。「自分に自信をもっている=プライドが高い人」も当然多いため、自分が悪いと思っていてもなかなか謝れない人って多いですよね。
そういう人はただ“お高くとまったプライドの高い女性”として認識され、憧れの的からははずれてしまいます。プライドをもちすぎず、ごめんなさいを言える人は、「自分もこんな風になりたい!」と思われるんですね。

3. スキがない!

完璧すぎる女性は男性から恋愛の対象になりにくいと言われていますが、憧れの的になるのであればスキのない女性になることは大切です。
メイクは絶対に手抜きをしない。ヘアアレンジも欠かさない。スキンケアをしっかりとしているなど、毎日のことですからどこかで怠けたくなるものですよね。
ですがそれを毎日ちゃんとこなすことが大事。いつもキレイにしているというただそれだけで女性の憧れの存在になれるんです!

4. まわりに影響されない

芯のある人はどんなことがあってもゆらぎません。
まわりと同じじゃないと不安になるというのは日本人独特の感性ですが、それにはいっさいまどわされず自分がやりたいことをやって、まわりの目を気にしない人がキラキラ輝いてみえるのです。

5. 苦手なことがない

なにか突出してできることはなくても、すべてを無難にこなせる人は要領がよく、お手本となる場合が多いです。
苦手なことがあってもそれを表には出さず、影で努力することが大事です!

SNSにネガティブなことを書いたり、ちょっとズボラなところを見せてしまうと憧れの存在とは言えなくなってしまいます。
自信をもつことは簡単にできることではありませんが、変わりたい気持ちがあるならそう難しくはないはず……! 明日から生まれ変わった気持ちで堂々と日々を過ごしてみてはいかがでしょうか?