「いつかは私もマイホームを〜」……なんて、誰もが夢見るマイホームですが、実際に購入するとなると、住みたい街と住める街の折り合いがつかず、物件探しが難航……なんて人が多いみたい。でも実は高いイメージが先行し、意外と穴場の場所があるってご存じ? 

株式会社マンションマーケットがマンションの価格が高そうなイメージのある駅をアンケート調査し、実際の相場と比較。すると、イメージと現実とは大きなギャップがあることがわかったのです。

そこで今回は、「JR東日本」「東京地下鉄(東京メトロ)」「東京都交通局(都営線) 」「京王電鉄」のランキングTOP10を紹介します。ちなみに対象物件は、駅徒歩10分圏内(800m)に存在する中古マンションです。

最近は中古マンションのリノベーションを検討している人が増えているとか。

JR東日本の駅で高額イメージ1位は「恵比寿」、実際は「有楽町」が高い

「JR東日本」の中で、マンション価格が高そうなイメージを持つ駅を尋ねてみると、1位は「恵比寿」という結果に。しかし実際に相場が高い場所1位は「有楽町」でした。ちなみに「有楽町」は、駅周辺に築浅マンションの割合が高く、価格も高い傾向にあるのだとか。一方「恵比寿」は、築古から築浅のマンションが混在しているため、価格の幅が広がることから相場ランキングとのギャップができたようです。つまり探せば意外とリーズナブルな物件があるのかも!? とはいえ、「渋谷」「品川」「目黒」などより高いのですから、高級住宅街ですよね。

恵比寿、渋谷、新宿はイメージほど高く!? 意外と穴場物件があるようです。

東京メトロの駅で相場が高いのは「広尾」、イメージでは「銀座」

「東京地下鉄(東京メトロ)」の中で、マンション価格が高そうなイメージのある駅、1位は高級ブランド店が数多く並ぶ「銀座」。しかし実際の相場ランキングでは6位に。実は銀座は築古のマンションの割合が高いため。一方、相場が高かったのは「広尾」。このエリアは各国の大使館や公園が多くあり言わずと知れた高級住宅街。たとえ築古のマンションでもとても価格は高いようです。

本当のお金持ち「広尾」在住。「麻布十番」や「白金台」もイメージより相場が高かった!!

都営線の駅で高いのはイメージも相場も「六本木」&「麻布十番」

「都営線」の中で、マンションの価格が高そうなイメージがある駅は5位まですべて港区。そして実際の相場ランキングでも港区の代表的な駅が勢ぞろい。イメージと相場にそれほどギャップがなく、やはり「六本木」「麻布十番」「白金台」「青山一丁目」辺りが高いことがわかります。

有名人も多く住む六本木、麻布十番はやはりイメージ通り高かった!!

京王電鉄は、イメージも相場も「井の頭線沿い」が高い

「京王電鉄」のランキングでは、ほとんどが「井の頭線沿い」と判明。イメージと相場ともにランキング1位となったのは「渋谷」。そして唯一東京23区外の駅「吉祥寺」もイメージでは3位にランクイン。幅広い価格帯のマンションが点在するため相場では7位でしたが、住みたい街ランキングでも上位に入る街だけあって根強い人気のようです。

閑静な住宅街多い井の頭線。渋谷はやっぱり不動の人気!

あなたが住んでいる街、住みたい街は入っていましたか?
意外と高いイメージが先行している場所があるので、物件を探す時は、諦めずに根気よく情報を収集するといいかもしれませんね。