8日、韓国メディアによると、韓国・済州島の代表的な観光名所として知られ文化財でもある奇岩・龍頭岩が、中国人観光客によって削られる被害が出ている。写真は龍頭岩。

写真拡大

2016年9月8日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・済州島の代表的な観光名所として知られ文化財でもある奇岩・龍頭岩が、中国人観光客によって削られる被害が出ている。

龍頭岩とは、済州島北部、済州空港からも程近い済州市の海岸にある高さ10メートルほどの奇岩。火山溶岩が長い年月にわたって波や風で削られ、その形が龍の頭のように見えることからその名が付いた。

済州特別自治道のイ・ギョンヨン議員は6日開かれた議会の海洋水産局業務報告で、この龍頭岩の破損問題を取り上げた。イ議員によると、済州港や済州国際空港などの保安検査で、中国人観光客の荷物から削られた龍頭岩が見つかり摘発される例が頻発しており、その量は1日にバケツ1杯ほどにもなる。また付近の住民や商店主からは、中国人観光客による破損行為がここ数年続いているとの証言も出ているという。

龍頭岩は済州島記念物57号に指定されており、これを破損した場合は文化財保護法により5年以下の懲役または5000万ウォン(約460万円)以下の罰金が科される。

報道を受け、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「中国人が一度押し寄せた後には芽も生えないと言うが…」
「こうなることを知らずに、中国人に済州島の土地を売っていたのかな?」
「中国人はどこに行ってもうるさくてマナー知らず。やっぱりどうも好きになれない」
「法律があるんだから現場で逮捕すればいいだろう。何を恐れる?」

「中国人は済州島を自分たちの物だと思ってる。だから勝手なことをするんだ」
「中国には見どころがたくさんあるんだから、もう来ないでほしい」
「韓国は金さえもらえればすべての物を差し出す。体も心もね」
「僕らは中国から万里の長城を削って持って来ようか?」

「石の流出は国有財産の流出だ。言うことを聞かない中国人には力を使うしかない」
「10年もしたら中国は済州島を自国の領土と言い出すだろう。済州道知事はどうやって責任を取る?」
「中央政府が管理すべきだ。田舎者にこれ以上任せておいてはいけない」(翻訳・編集/吉金)