高畑母子の問題点をオバ記者が鋭く指摘

写真拡大

 女性セブンの名物アラ還記者“オバ記者”こと野原広子(茨城県出身・59才)が世の中の事件に怒りをぶつける! 今回は高畑裕太容疑者の強姦致傷事件を取り上げます。

 * * *
「何だって〜!」。テレビニュースを見ていた日本中の人が、目を見開いたのではないか。「強姦致傷」という4つの文字の強烈さ。売れっ子テレビタレントが犯した罪では、史上最悪だ。

 あまりのことにしばらく頭の芯がしびれていたけど、だんだん怒りがこみあげてくる。被害者は群馬県前橋市の40代のビジネスホテルの女性従業員で、高畑裕太容疑者は「性欲が抑えきれなかった」と供述している。

 だけど、もしホテルが前橋でなく東京の真ん中で、相手がずっと年上の40代でなく、20代のタレントだったら、同じことをしたか?

 いいや。私は断言するね。“有名人のオレ”は、地方の一般人の中高年女性を安く見たから、自分を解き放ったんだよ。

◆母から見たら、息子の強姦は凶暴でも凶悪でもなく“甘さ”!?

 さて、こんなバカ息子の所業を、中高年女性の好感度が高かった高畑母は何とする。事件が起きてすぐ、私は、「最も息子にしてほしくない犯罪だねぇ」と、高畑母に同情していたの。だけどあの会見から潮目が微妙に変わったね。

 全身くまなくマスコミにさらして、「すべてにお答えする」という姿勢。手は震え、何度も嗚咽をこらえ、最後は倒れんばかり。会見の時間が長引くにつれて、舞台女優の所作に見えてきたんだわ。

 で、いちばん引っかかったのは、「こうなった原因は、彼の甘さにあると思います」という返答よ。高畑母から見たら、息子の強姦は凶暴でも凶悪でもなく、甘さなんだ!

 こう見えてライターとしての私の専門は“すったもんだ”だ。不倫、離婚、子供の非行、相続と、他人の家のもめごとに首を突っ込んで30年。このひと言に、母・息子の度を越した密着を見たね。

 裕太容疑者が生まれてすぐに離婚した母の負い目をえぐるかのように、息子はアトピーでぜんそく。甘やかす条件は整いすぎるほど整っている。

 おまけに高畑母は、「30代半ばでようやく女優として食べていけるようになった」という苦労人。自分が辛酸をなめると、子供にはこの思いをさせまいと、転ばぬ先の杖を何本も用意するのよ。俳優になる息子の背中に、追い風も当てたはず。これが子供のためになるかどうか、成功した親ほど考えないんだよね。

◆仕事を自分の手でつかみ取った実感があったら…

 裕太容疑者はデビューから3年でNHKの連続テレビ小説『まれ』に出演している。去年だけでも、バラエティーも含め、1年間に133本のテレビ出演だって。あげく、今年の1月には母と息子が並んで『徹子の部屋』だよ。

 これらを自分の手でつかみ取ったという実感が、もし裕太容疑者にあったら、“性欲”ごときで、いく人もの人生を破壊しなかったろうになぁ。

 あ、そうそう。高畑母の「ご迷惑をおかけした仕事先へのお詫び」だの、親子が背負うべき損害賠償額など業界内の話は、何回聞いても、「へえ〜、だから何」としか言いようがないんで、手短にね!

※女性セブン2016年9月22日号