驚きのギミック満載! 理不尽ゲーの極み? 『アトランチスの謎』 

写真拡大

ファミコン全盛時代に数々の名作(迷作!?)を生んだゲームメーカー、サン電子(サンソフト)が今年で45周年を迎える。

そこで、ファミコン全盛期に発売され話題となったゲームの数々を振り返る。まずは伝説の名作『いっき』と『アトランチスの謎』から!

* * *

●元祖クソゲーでも売り上げは100万本超!

『いっき』 (1985年11月28日発売)



“クソゲー”の名づけ親である、みうらじゅん氏が「天下のクソゲー」と評した伝説の作品、それが『いっき』。氏の「農民がひとり、ふたりで戦って、それを一揆っていえるのか(笑)」というツッコミは有名だが、ゲーム内容もツッコミどころ満載だ。



主人公の初期装備「カマ」は近くの敵に向けて8方向に投げられるが、パワーアップアイテム「竹ヤリ」をゲットすると前方向しか攻撃することができなくなり、要するにパワーダウンしてしまうのだ。

元となったアーケード版では「竹ヤリ」の入手で移動スピードが速くなるため一応パワーアップしていたのだが、ファミコン版では容量不足で実現できなかったもよう。

また、小判を集めるとステージクリアになるため、アーケード版では「小判レーダー」がついていたが、ファミコン版は同じく容量不足でレーダーを削ったため、“何をしたらいいかよくわからない”ゲームとなってしまったのだ…。

●驚きのギミック満載! 理不尽ゲーの極み?

『アトランチスの謎』 (1985年11月28日発売)

「あの『スーパーマリオ』を超えた!!」

そんな挑発的なキャッチコピーどおり、開発者がマリオへの対抗心で作り上げた本作。実際、全101面というステージ数では、確かにスーパーマリオを凌駕(りょうが)している!(笑)

その真骨頂はステージワープの方法。基本的にフィールド上の扉から別ステージに行けるのだが、何もない場所で爆弾を爆発させると扉が出現するなど、一切ノーヒントのワープ方法だらけ! 中には自分で仕掛けた爆弾で吹っ飛ぶことでワープしたり、谷底が見えない崖から落下することでワープしたりといった、“自殺プレイ”で別ステージへ行ける場合も…。

また、入った時点で落下して死ぬことが確定するステージもあり、その理不尽極まりないクレイジーな仕様は当時の子供たちに衝撃を与えた。これらはメインの開発者がいたずら好きで、仕掛けや裏技をとことん盛り込もうとした結果なんだとか。

★続編⇒『こだわりと遊び心満載! サン電子のファミコン名作“クソゲー”選12』

(取材・文/昌谷大介[A4studio] (c)SUNSOFT