ドイツと言えば、どのような食べ物が思い浮かべるでしょうか?

ドイツ独特のパンのような食べ物プレッツェル、に美味しいドイツのトンカツ・シュニッツェルや、そしてソーセージなどが思い浮かぶかもしれません。

カリー・ヴルストやドネルケバブもドイツ料理として思い浮かぶ、という方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、そのいずれでもない、日本ではあまり知られていないドイツの美味しい家庭料理、クヌーデル(knödel)をご紹介します。

・クヌーデルとは?
クヌーデルとはドイツで団子の事。

作り方は様々でじゃがいも、パン、小麦粉をベースにした生地の中に、ベーコンやクルトン、炒めた玉ねぎなどを入れた、洋風のお団子です。

食感はすいとんとそっくりで、各家庭ごとにさまざまな味わいがあり、シチューや肉料理、ホワイトソース、トマトソースなど、様々な料理につかわれる、いわゆるお袋の味です。

そんな美味しいお袋の味は、ドイツの周辺ヨーロッパ諸国でも愛されています。

・まさにお袋の味、クヌーデル
レストランでも味わえるクヌーデルですが、もし可能ならホームステイなどで味わえる、そのお家オリジナルのクヌーデルを味わってみるのも旅行の醍醐味の1つかもしれません。

ジャガイモやパンなどの生地もそれぞれの家庭のオリジナルの配合ですし、もちろんクヌーデルの中の具材も、お家によって異なります。

その家庭オリジナルのクヌーデルを味わえば、ドイツの旅がこれまでよりももっと印象深いものになるかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア