アラフォー婚活でまず気を付けるべきこと

写真拡大

一般的に若いほうが有利だと言われる婚活市場。だが実際に婚活をしようと決意するのはアラサー、アラフォーになってからという人も多いのではないだろうか。そうした場合に婚活に成功するためのコツは何かあるのか、「教えて!goo」には「38歳独身女です。婚活をしてみようと思うのですが、まずは何からすればいいのでしょうか?」という相談が寄せられている。

相談内容は、「38歳独身女です。最近、会社と自宅の行き返りばかりでなんか虚しいです……婚活をしてみようと思うのですが、まずは何からすればいいのでしょうか?」というもの。この相談に、どんな回答が寄せられたのだろうか。

■アラフォー婚活、まずはここから!

まずはこんな回答から。

「老若男女集まるボランティアに参加されてはいかがでしょう。人の輪から素敵な出会いがあると思います」(pink580さん)

「何かのきっかけがあれば話してみる。いい感じの人がいれば隣に行き話しかける」(toshipeeさん)

一般に付き合いだしたとしても結婚までには時間がかかる点を踏まえるとアラフォーでの婚活の場合、結婚は早ければ早いほど良いと考える人が多いのではないだろうか。その場合、自然に相手を見つけようとするのは時間を無駄にする可能性が高い。その点、社内恋愛であれば自然な出会いを待つよりは可能性が高いのではないだろうか。

「会社、友人、知人の飲み会に顔を出す、彼ら(彼女ら)に紹介を頼む。このへんはハードルが比較的低いかなと思います」(igafcb10さん)

ただ、アラフォーともなると社内の男性も結婚している人も多い点がネックになることもあるので、時間を無駄にしないためにも何らかの形で婚活サービスも利用したいところだ。

「異性を見つけるパーティに参加。いろんな価値観があるので、簡単に身体を許さないで下さい。女性の身体、目当ての男が多いと認識して下さい」(サムライ十兵衛さん)

「一番大事なのは、自分の性格に合った結婚相談所かどうかということが何より大切かと思います。私みたいな地味な女には派手な婚活パーティをするところは向いていませんでした。2人もしくは数人でのワインパーティなどが向いていました」(zn161618vf082さん)

結婚相談所の場合、費用面がネックにはなるが、即効性は高いといえるが、一方でこんな回答も。

「まずは相手の希望や将来の人生設計を明確にしましょう。『いい人がいれば結婚したい』
なんて漠然と考えていると時間とお金の無駄になると思います」(yonesanさん)

「まずは自分と向き合い、自分は、他の人と住んだときのシュミレーションしてみる。自分の時間を捨てることができるかどうかってことですね」(ユージンさん)

確かに婚活サービスを利用するよりも、自分の人生設計について、どんなことを結婚で優先しているのかといった価値観の部分が定まっていなければ異性との出会いも無駄にする可能性が高い。まずは自分が結婚生活に求めるものを明確にすることが必要と言えそうだ。

古田ラジオ(Furuta Radio)